· 

レシピ集 No.261~280

レシピNo.280
チキンのさっぱり煮
材料(4人分)
鶏もも肉 2枚(300g弱×2)
サラダ油 大さじ1
1カップ
1/2カップ
しょうゆ 1/2カップ
砂糖 大さじ6
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 鶏肉は余分な脂肪を取り除き、中火で皮目から焼き、両面がきつね色になるまで焼く。  
  2. 鍋に酢、水、しょうゆ、砂糖を入れて火にかけ、鶏肉を入れてフタをして10分煮る。鶏肉を裏返し、さらに10分煮たら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.279
ポテトツリー
材料(10個分)
じゃがいも 3個(大なら2個)
コンソメ顆粒 小さじ1~1.5
マヨネーズ 適量
ベーコン 3枚
ブロッコリー 1/4個
グリーンピース(缶詰) 少々
とうもろこし(缶詰) 少々
にんじん 星形10枚
塩・コショウ 適量
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. じゃがいもの皮をむき、ゆでて、熱いうちにつぶす。ベーコンをみじん切りにし、コンソメ、マヨネーズを混ぜて、ポテトサラダを作る。
  2. にんじんは輪切りにし、星形に型ぬきをしたものを10枚作り、ゆでる。ブロッコリーはゆでて小さく分けて、塩を少々振っておく。グリーンピース、とうもろこしは缶から開け、水気をよく切る。    
  3. ポテトサラダを山型に盛り、ブロッコリー、にんじん、グリーンピース、とうもろこしをバランス良く盛り付けたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.278
星のパイ(プラム)
材料(作りやすい分量)
冷凍パイシート 4枚
ドライプルーン 適量
紅茶 適量
お好みで粉砂糖、シナモン等
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:ドライプルーンはお湯でサッと洗い、ひたひたの熱い紅茶をかけ、煮ておきます。甘みが足りない時は砂糖またははちみつを加えます。
  2. 解凍した冷凍パイシートを四角く切り分け(2等分または6等分、大きくても小さくてもOK)四隅に風車を作る時のように切り込みを入れます。オーブンを220度に予熱します。
  3. 四隅の生地を中央に集めて、指で押さえてしっかり止めます。プルーンを1個中央にのせます。
  4. 220度に予熱したオーブンで、12分~15分こんがり焼き色がつくまで焼きます。
  5. 焼きあがったら、網に乗せて冷まします。冷めたら粉砂糖やシナモンをふって、できあがり!
ドライプルーンの代わりに、りんごの甘煮でも作れます。「星のパイ(りんご」の作り方はこちら

ページの上部へ

レシピNo.277
エビの韓国風のり巻き(キンパ)
材料(6人分)
エビ(サラダエビまたはゆでエビ)  24尾
ごはん 3合分
小さじ1.5
ごま油 大さじ1
白いりごま 大さじ3
海苔 6枚
ほうれん草(または水菜等)   1/2束
たくあん(いぶりがっこ) 適量
ごま油 少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:ごはんは普通の水加減で炊いておきます。
  2. 具を用意します。エビは3~4個に切り、塩とごま油少々をまぶし下味をつけておきます。ほうれん草はゆでて5センチに切り、塩とごま油少々で味をつけておきます。たくあんは4~5センチの千切りにします。
  3. ごはんに分量の塩、白いりごま、ごま油を入れて混ぜ、6等分しておきます。(乾かないようにラップかふきんをかける)
  4. 巻きすの上に海苔を横長において、ごはんを向こう側3センチ位を残して、広げます。
  5. 手前側の端から3センチ位の所に、具の1/6をそれぞれ細長くのせます。
  6. 手前の巻きすを持ち上げて、具を押さえながら巻き込みます。(具を巻いた所で、一度巻きすの上からしっかり押さえると形が作りやすい)
  7. 巻いたのり巻きの表面に、ごま油を手で薄く塗ります。
  8. フライパンを熱して、のり巻きを入れて転がしながら表面がパリッとするまで焼きます。冷めてから、食べやすく切って盛り付けて、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.276
ハタハタのしょっつる鍋風スープ
材料(6人分)
ハタハタ(中くらいのもの) 3尾~
大さじ2
ねぎ 1~2本
水菜または春菊 適量
お好みで白菜など 適量
しょっつる 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:ハタハタはぬめりをよく洗い、頭と尾を包丁で切り落とし、内臓を抜き水気をきっておきます。野菜は食べやすく切っておきます。
  2. 鍋に湯を8カップ沸かします。沸騰したら酒を加えます。
  3. ハタハタを入れ、再度沸騰してきたら火を弱め、5分ほど煮て火が通ったら菜ばしで身を2~4個にほぐします。
  4. 野菜も加えてサッと煮ます。
  5. 仕上げにしょっつるで味を加えたら、できあがり!(しょっつるが苦手な方は塩も合わせて使いましょう)

ページの上部へ

レシピNo.275
ハタハタの田楽味噌焼き
材料(6人分)
ハタハタ 6尾(1人1尾)
★みそ 大さじ3
★卵黄 1個
★砂糖 大さじ1.5
★みりん 大さじ1
白ごま 少々
大葉または笹の葉など 6枚
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:ハタハタは頭を落とし内臓を取り除き、ザルにあげて水気をきっておきます。
  2. 小さいボウルに★の卵黄とみそを入れ、よく混ぜます。さらに砂糖を加えてよく混ぜ、みりんを加えて混ぜ、田楽味噌を作っておきます。
  3. 魚焼きのグリルでハタハタの両面を焼きます。
  4. ハタハタが8分通り焼けたら、田楽味噌を塗って味噌にこんがり焦げ目がつくまで焼きます。
  5. 白ごまを振ったら、できあがり!
魚焼きのグリルは薄く油を塗っておくとくっつきにくいです。

ページの上部へ

レシピNo.274
手羽元のトマト煮込み
材料(6人分)
手羽元 12本
キャベツ 1個(約300g)
たまねぎ 1個
トマトジュース(無塩) 900ml
600ml
にんにく 1かけ
コンソメ 2個
オリーブオイル 適量
塩コショウ 少々
作り方
  1. キャベツは一口大、たまねぎは細切り、にんにくはみじん切りにする。手羽元は真ん中に切れ目を入れるか、フォークで数カ所を刺しておく。
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを入れてから、火にかける。温まったら手羽元を炒める。焼き色がついてきたら、たまねぎを入れ、塩・コショウを振る。
  3. 同じフライパンの中に、トマトジュース、水、コンソメを入れる。
  4. 温まったらキャベツを入れ、さらに15分ほど煮たら、できあがり!(アルミホイルで落としぶたをします)
トマトジュースを使い、旨味を引き出します。鍋が赤く染まるので、色が落ちやすい鍋を使いましょう。野菜はお好きなものを入れてOK。フライパンに入りきらない場合は、肉を取り出してから入れても良いです。

ページの上部へ

レシピNo.273
ほうれん草のキッシュ
材料(6人分)
ほうれん草 1束
たまねぎ 1個(200g)
ベーコン 120g
ぎょうざの皮 大判14枚
生クリーム 100g
豆乳 100g
2個
とろけるチーズ 3枚
パセリの粉末 少々
塩コショウ 少々
作り方
  1. ほうれん草をゆで、一口大に切る。たまねぎ、ベーコンは薄切りにする。
  2. ①をオリーブオイルで炒め、塩コショウで味を調える。 
  3. 卵、生クリーム、豆乳を混ぜ合わせる。
  4. ぎょうざの皮を型に入れて、炒めた野菜と③のクリームを入れる。 
  5. オーブンで8~10分、ぎょうざの皮が色付くまで焼いたら、できあがり!
ぎょうざの皮を使ったキッシュです。具材を多めにするとボリューム感が出ます。ぎょうざの皮をつなげて大きい皿で焼くと、大きなキッシュができます。

ページの上部へ

レシピNo.272
焼きいもモンブラン
材料(15~16個分)
焼きいも   大1本(または小2本)
牛乳 大さじ2
マーガリン 20g
砂糖 大さじ2
バニラエッセンス 数滴
卵黄 1個分
ホイップクリーム 1本
クッキー 16枚
お好みのトッピング 適量
厚めのビニール袋  
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 焼きいもの柔らかい部分をくり抜き、ビニール袋に入れ、もみながらよくつぶす。    
  2. ①に牛乳、マーガリン、砂糖、バニラエッセンス、卵黄を加えて、均一になるまでよく混ぜる。 
  3. クッキーの中心にホイップクリームを直径2センチ程度絞り出す。 
  4. ③のクリームを囲むようにしながら、②のクリームを山の形のように絞り出す。 
  5. 仕上げにお好みのトッピングをしたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.271
しめじと塩こんぶの炊き込みご飯
材料(4人分)
2合
塩こんぶ 25g
みりん 小さじ1
しめじ 1パック
にんじん 1/2本
油揚げ 1枚
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. しめじは石づきをとって、一口大に分ける。油揚げは油抜きして、細かく切る。にんじんは縦4等分の薄切りにする。
  2. 米は洗って炊飯器に入れ、みりんを加えて、水を目盛どおりに入れる。塩こんぶ、    きのこ、にんじん、油揚げをのせて、混ぜずにそのまま炊いたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.270
大根おろし汁
材料(4人分)
豚バラ肉 150g
だいこん 15センチ程度
水菜 1株
まいたけ 小1パック
すりおろししょうが お好みで
中華風スープの素 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
適量
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 水菜は3センチくらいに切る。まいたけは一口大にほぐす。豚肉は1センチ幅程度に切る。
  2. 大根は皮をむき、すりおろす。 
  3. 鍋に600cc程度の水と、水菜、まいたけを入れて火にかける。沸騰してきたら豚肉を入れて煮る。アクが出たら取り除く。
  4. アクをとったら大根おろしを入れ、中華風スープの素、しょうゆを入れる。塩で味を調える。
  5. お好みですりおろししょうがを入れたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.269
白菜としめじのたらこ和え
材料(4人分)
白菜 3~4枚
しめじ 1パック
たらこ 1~1.5腹
みりん 大さじ1
バター(またはサラダ油) 大さじ1
きざみのり(または青のり)  少々
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 白菜は茎の部分は縦5センチ程度の細切りにし、葉は千切りにする。
  2. しめじは小房に分ける。 
  3. たらこは中身を取り出して、みりんで溶いておく。 
  4. フライパンにバターを入れて溶かし、白菜の茎の部分、しめじを入れて炒める。茎が柔らかくなったら葉の部分を入れ、さらにサッと炒める。
  5. 最後に③のたらこを加えて和え、器に盛り、きざみのり(または青のり)を添えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.268
里芋と鮭フレークバーグ
材料(4人分)
さといも 500g
鮭フレーク 100g
長ネギ 1本
こしょう 少々
適量
サラダ油 大さじ2
青じそ 適量
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. さといもは皮をむき、一口大に切ってゆでて、熱いうちにつぶす。
  2. ①に長ネギのみじん切りと鮭フレークを混ぜ、塩・こしょうで味を調える。 
  3. 16等分に成形し、油の敷いたフライパンで両面を焼く。
  4. 焼けたら、両面を青シソで包んで、できあがり!(青シソが無くても良い)

ページの上部へ

レシピNo.267
春菊の酢の物
材料(6人分)
春菊 2袋(6束)
白すりごま 少々
三杯酢(酢、みりん、しょうゆ) 90cc
作り方
  1. 春菊をゆで、あら熱がとれるまで置いておく。
  2. 三杯酢を作る。ボウルに酢、みりん、しょうゆを1:1:1の割合で入れ、混ぜる。
  3. 春菊のあら熱がとれたら水分を絞り、食べやすいサイズに切る。ボウルに混ぜ、20分ほど漬ける。
  4. 皿に盛り、ごまを振りかけたら、できあがり!
秋の春菊は柔らかく風味があり、旬の食材は栄養価も高いです。酢で和えることで変色しますが、味に問題はありません。酢をリンゴ酢にすると、まろやかな味になります。

ページの上部へ

レシピNo.266
白菜と豚バラのミルフィーユ鍋
材料(6人分)
豚バラスライス 600g
白菜 1個(1.5~2kg)
豆乳 1L
だし汁 600ml
めんつゆ 100ml
塩コショウ 少々
白すりごま 20g
青ネギ 3本
作り方
  1. 白菜を1枚ずつ洗う。豚バラ肉と白菜を交互に4層重ねて、5センチ幅に切る。残った白菜を5センチ幅に切る。
  2. 豆乳を分量の半分、めんつゆ、だし汁、白すりごまを合わせて、だしベースを作る。
  3. ①を鍋の中心部から縦に敷き詰める。空いたところに白菜だけを入れる。
  4. だしベースを鍋に入れ、中火で10分ほど煮た後、残りの豆乳を入れる。
  5. ひと煮立ちしたら、できあがり!(煮すぎると豆乳の表面がおぼろ状態になります)
豆乳と豚バラ肉の美味さが引き立つ鍋です。減塩にしているので、素材の味が楽しめますが、お好みで味を調整してください。

ページの上部へ

レシピNo.265
黒糖ミルク寒天
材料(6人分)
粉寒天 4g
200cc
牛乳 300cc
生クリーム(牛乳でも良い) 100cc
ゆであずき 50g
黒糖 60~80g
飾り用のホイップクリーム、あずき
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 鍋に分量の水と粉寒天を加え、弱火で煮溶かします。
  2. 煮立ってきたら黒糖を加えてよく混ぜ、牛乳とゆであずきを加えて、さらによく混ぜます。火からおろし、生クリームを加えます。 
  3. 器に入れて冷蔵庫で冷やし固めます。 
  4. お好みでホイップクリームを飾り、あずきをのせたら、できあがり!
小豆には利尿作用があるので、むくみをとってくれます。 また、血行をよくしてくれるので、冷えから守ってくれます。黒糖を加えることでさらに効果があがります。

ページの上部へ

レシピNo.264
大根のステーキ風・生ハム添え
材料(6人分)
大根 1/2本(24センチ)
米のとぎ汁 適量
しめじ 1/2パック
サラダ油 大さじ1
生ハム 6枚
バター 20g
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ1
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: 米のとぎ汁を火にかけておきます。
  2. 大根は3~4センチ位の厚さに切り、皮をむきます。しめじは食べやすくほぐします。
  3. 米のとぎ汁が煮立ってきたら、大根を加えて煮ます。さいばしがすっと通るぐらい柔らかくなったら、ザルにあけ、水にさらしておきます。(圧力鍋の場合は、おもりがゆれてきたら火を止め、そのまま15~20分余熱調理します) 
  4. 大根の水気をしっかり切ります。 
  5. フライパンにサラダ油を熱し、大根を入れて3分程度焼きます。焼き目が付いたら、裏返してさらに2分ほど焼きます。
  6. 大根を皿に取り出し、フライパンにバターを加えます。半分ぐらい溶けてきたら、しめじを加えて炒めます。しんなりしてきたら、しょうゆとみりんを加え、大根を戻しいれてサッと炒めて火からおろします。(あまり煮詰めすぎないように)
  7. 皿に大根を盛り付け、生ハムとしめじを添え、煮汁をかけたら、できあがり!(彩りにパセリやハーブなどを添えるときれいです)
大根は水からゆでると言われますが、表面を平らに仕上げたい時は、沸騰してから入れてゆでると良いです。

ページの上部へ

レシピNo.263
トルコ風サバサンド(サラダ)
材料(6人分)
サバ 6切れ
小さじ1
すりおろしにんにく
(またはしょうが)
小さじ2
ヨーグルト 1/2カップ
サラダ油 大さじ1
フランスパン
(またはサンドイッチ用パン) 人数分
マヨネーズ 適量
お好みで粒マスタード 適量
レタス・たまねぎ等 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:サバは水気を切っておきます。
  2. サバに塩をふり、にんにく(またはしょうが、両方でも良い)を塗り、バットか密封容器に皮を下にして並べます。
  3. ヨーグルトをサバに塗ります(身の面だけでも良いが、出来れば両面塗ります)。30分~半日、冷蔵庫でなじませます。 
  4. ゴムべら等でヨーグルトを取り除き、フライパンにサラダ油を敷いて焼きます。(フライパン用ホイルを敷いて焼くと片付けが楽です。魚焼きグリルで焼いてもOK) 
  5. 裏返して弱火にして、しっかり火を通します(フタをして焼いても良いが、最後はフタを取ってこんがりと焼き目をつけると美味しいです)。焼きあがったら骨を外しておきます。
  6. パンにマヨネーズを塗り(お好みで粒マスタードも)、レタスを挟み、サバをのせてサンドします。まな板などで重しをしておきます。 
  7. 食べやすく切ったら、できあがり!(お好みでレモンをふりかける)
野菜を増やしてサラダ仕立てにしても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.262
サバの竜田揚げ・カレー玉ねぎソース掛け
材料(6人分)
サバ(2枚おろしにしたもの) 400g~
しょうゆ 大さじ4
大さじ2
みりん 大さじ2
片栗粉 50g
小麦粉 50g
揚げ油 適量
★ソースの材料(作りやすい分量)
たまねぎ 1個
しょうゆ 大さじ2
カレー粉 小さじ1~
マヨネーズ 大さじ6~
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:たまねぎは皮をむいて半分に切り、芯を切り落としてから繊維に沿って薄切りにします。しょうゆ大さじ2をからめて馴染ませておきます。
  2. サバは皮と骨を取りながら食べやすい大きさに切ります。
  3. ボウルかビニール袋にしょうゆ、酒、みりんを入れて混ぜ合わせ、30分~半日くらい魚を漬け込みます。
  4. 小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせておきます。
  5. ソースを作ります。しょうゆが馴染んだたまねぎにカレー粉を加えて混ぜます。混ざったらマヨネーズを加えて混ぜます。
  6. サバは水気を切って粉をまぶします。
  7. フライパンに3センチ程度の揚げ油を入れ、中温で両面をこんがりと揚げます。
  8. 器に盛り付け、ソースをかけたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.261
鮭のちゃんちゃん焼き
材料(8人分)
半身
たまねぎ 1個
しめじ、しいたけ、えのき 各1パック
白菜 1/4個
きゃべつ 1/4個
にんじん 1本
もやし 1袋
バター 20g
塩、コショウ 各少々
★砂糖 1/2カップ
★みそ 1/2カップ
★酒 50cc
★みりん 50cc
★にんにく(お好みで)  
  • レシピ提供 男鹿網元番屋
作り方
  1. 鮭は洗ってから3枚おろしにする。皮の方に切れ目を入れて、塩、コショウをしておく。 
  2. 洗った野菜をざく切りにする。きのこ類は石づきを取ってばらばらにする。
  3. ★の調味料を合わせる。(にんにくはお好みで一緒に混ぜる) 
  4. サラダ油をホットプレートに入れて熱くする。鮭の皮の方を下にして、野菜ときのこ、調味料を入れて焼く。
  5. 鮭が焼けたら上にバターをのせる。器に盛り付けたら、できあがり!

ページの上部へ