· 

レシピ集 No.21~40

レシピNo.40
漬けマグロのせ炊き込みちらし寿司
材料(4~5人分)
マグロ(刺身用) 150g~
しょうゆ 大さじ2
本みりん 大さじ1
日本酒 大さじ1
おろししょうがまたはワサビ    適量
3合
★酢 90cc
★本みりん 大さじ2
★砂糖 大さじ1~2
★塩 小さじ1
にんじん、たけのこ 各50g
干ししいたけ 3枚
しらす干し 大さじ2
青みの野菜(万能ねぎまたは大葉等) 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・干ししいたけは水で戻しておきます(戻し汁は米を炊く時に使用します)。米は炊く30分以上前にとぎ、水に浸しておきます。
  2. マグロは1.5センチ位の大きさに切ります。器にしょうゆ、本みりん、酒、しょうがまたはワサビを入れて混ぜたものに漬け、ラップをして冷蔵庫で1時間程度なじませておきます(漬けこむことで余分な水分が抜け、ねっとり美味しくいただけます)。
  3. にんじん、たけのこは4センチのせん切り(または薄切り)にします。干ししいたけは薄切りにします。
  4. 炊飯器に水気を切った米を入れ、★の酢、本みりん、砂糖、塩と、しいたけの戻し汁を入れ、さらに3合の目盛まで水を加えて混ぜます。
  5. にんじんとたけのこ、干ししいたけ、しらす干しを米の上に平らにのせ、混ぜずにそのまま炊きます。
  6. 炊きあがったら、10分蒸らし、さっくりと混ぜて器に盛り付けます。
  7. 青みの野菜と漬けたマグロを散らしたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.39
厚揚げ使って簡単白和え
材料(4人分)
厚揚げ 1枚
にんじん 1本
青みの野菜(アスパラ菜、
インゲン等)
1/2束程度
1/2カップ
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
白すりごま 大さじ4~
砂糖 大さじ1
小さじ1
ごま油 少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・にんじんは5センチの千切りに、青みの野菜も5センチ程度に切っておきます。
  2. 厚揚げは皮の部分を切り落とします。(250gの厚揚げで、中身の部分が150g、皮の部分が100gぐらいになります)
    皮の部分は、4~5センチぐらいの細切りにして、水気を絞っておきます。
  3. すり鉢に白すりごまを加え、少しねっとりするまですります。
  4. さらに、厚揚げの白い部分を崩しながら加えて、滑らかになるまですります。
  5. 砂糖と塩で味を調え、仕上げにごま油をたらします。
  6. フライパンに水1/2カップ、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2を加え、にんじんを加えてサッと煮たら、刻んだ厚揚げの皮の部分を加えて煮ます。
  7. にんじんに火が通ってきたら、青みの野菜を加えて、水気がなくなるまで炒り付けます。荒熱がとれるまで冷まします。
  8. 白和えの衣に⑥を加えて、和えたらできあがり!
中身に入れる具は、水気の少ないものなら何でもOKです(春菊、ほうれんそう、小松菜、菜花、インゲン、さやえんどう、スナップえんどう、キャベツ、わらび、みず、細たけのこなど)。

ページの上部へ

レシピNo.38
タラ入り中華コーンスープ
材料(4人分)
タラ
(または白身魚、ホタテ等)
2切
大さじ2
クリームコーン(缶詰) 大1/2缶~
中華スープ
(または魚のアラの出汁)
4カップ
塩、コショウ 各適量
片栗粉または米粉 大さじ1~2
2個
万能ねぎ 少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 鍋に水1カップと酒大さじ2を入れ、沸騰してきたらタラを加えてゆでます。火が通ったら取り出して、あら熱がとれたら皮と骨をとりながらほぐします。
  2. 片栗粉または米粉は、2倍か3倍の水で溶いておきます。卵は割りほぐしておきます。万能ねぎは刻んでおきます。
  3. 鍋にクリームコーンとほぐしたタラを入れ、中華スープを加えて混ぜ、火にかけます。
  4. 沸騰してきたら塩コショウで味を調え、水溶き片栗粉か米粉で様子をみながらとろみをつけます。
  5. 再度沸騰してきたら、卵を細く流し入れ、菜箸で大きくかきまぜたら、すぐ火をとめます。※卵は必ず沸騰してから入れましょう
  6. 器に盛り付け、万能ねぎを加えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.37
タラの揚げ焼きオーロラソース
材料(4~6人分)
タラ 4切~
しょうゆ 大さじ2
大さじ2
卵白 大さじ2
米粉または片栗粉 大さじ2~
サラダ油 適量
ケチャップ 大さじ2~
マヨネーズ 大さじ4
つけ合わせの野菜(レタス等の生野菜、
または青菜やアスパラ菜等)
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. タラは1切れを3~4つに切り、しょうゆと酒で下味をつけます(すりおろしたニンニクやしょうがを加えても美味しいです)。
  2. 卵白を加えて混ぜ、米粉または片栗粉をまぶします。
  3. フライパンにサラダ油を3センチ深さに入れて熱します。熱くなったらタラを衣に絡めながら加えます。
  4. 片面にこんがり焼き目がついたら、裏返して裏面を焼きます。火が通りカリッとしたら油を切ります。
  5. 小さいボウルにマヨネーズを入れ、ケチャップを加えてよく混ぜ、オーロラソースを作っておきます(ケチャップの量はマヨネーズの半分をめやすにしてください)。
  6. 野菜を盛りつけ、中央にタラの唐揚げをのせ、オーロラソースをかけたら、できあがり!
衣に使う米粉または片栗粉は、半分ずつ混ぜて使ってもOK。卵白を加えることでうまみを閉じ込めるのがポイントです。

ページの上部へ

レシピNo.36
りんごのカップケーキ
材料(8個分)
無塩バター
(または製菓用マーガリン)
80g
砂糖 80g
2個
バニラオイル
(またはバニラエッセンス)
少々
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 4g
牛乳 大さじ2
りんご 大1個
レモン汁 少々
バター 20g
お好みでシナモン  
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・バターは室温に置き、柔らかくしておきます。薄力粉とベーキングパウダーをあわせて、2度ふるっておきます。
  2. りんごは4つ割にして芯をとり、皮つきのまま1センチ幅に切り、レモン汁をふりかけておきます。
  3. フライパンにバター20gを入れ、半分溶けたらりんごを入れて炒めます。りんごがしんなりしてきたら、溶かしバターとりんごをザルで分けて、冷ましておきます。
  4. ボウルに無塩バターと、②で作った溶かしバターを入れて、泡だて器(電動でもOK)でクリーム状に混ぜ、砂糖を加えて白っぽくふんわりとするまでよく混ぜます。
  5. 溶き卵を大さじ1杯ずつ加えて混ぜます(※一度に多く入れすぎると分離します)。バニラオイル(またはエッセンス)を、2~3滴加えて混ぜます。
  6. ふるっておいた粉を半分加え、ゴムベラで切るように混ぜます。牛乳も加えて混ぜます。
  7. 残りの粉を加えて切るようにさっくりと混ぜます。オーブンを180度に予熱しておきます。
  8. マフィンカップにスプーンで生地を7分目まで入れます(10センチ位の所から落として中の空気を抜きます)。
  9. 焼く直前にりんごをトッピングし、お好みでシナモンをふりかけます。180度に熱したオーブンで25分焼きます(こげそうな時は温度を下げましょう)。
  10. 焼きあがったら網にのせ、冷ましたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.35
豆腐米粉ニョッキ
材料
豆腐 200g
米粉 100~120g
塩ひとつまみ
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. ボウルに豆腐を入れてくずし、米粉と塩ひとつまみを加えてよく練り、白玉団子くらいのかたさにします。
  2. 食べやすく丸め、火が通りやすいようにつぶして、2~3分ゆでたらできあがり!
    ※お好みのパスタソースに絡めたり、スープに加えたりしてどうぞ。

ページの上部へ

レシピNo.34
ブイヤベース風タラ汁
材料(6人分)
タラ  3~4切
イカ(またはホタテ、エビ等)  適量
たまねぎ 2個
にんにく 1片~
オリーブオイル 大さじ2
トマト水煮缶 大1缶
★みそ 大さじ2
★塩 適量
★コショウ 少々
★砂糖 ひとつまみ
お好みでサフラン、パセリ、豆板醤等
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. タラは1枚を3~4つに切ります。イカは1センチ幅に切ります。たまねぎは半分に切って、芯をとって薄切りに。にんにくも芯をとって薄切りにします。
  2. 鍋ににんにくを入れ、オリーブオイルを加えてから中火にかけます。
  3. にんにくの良い香りがしてきたら、たまねぎを加えて焦げないように炒めます(サフランを加える時はこのタイミングで加えます)。
  4. たまねぎがしんなりしたら、タラ以外の魚介類を加えて炒めます。
  5. 魚介類の色が変わったら、トマト水煮缶をつぶしながら加え、さらに空いた缶に水を入れて、2杯分加えます。
  6. 煮汁が沸騰したら、煮汁でゆるめた★のみそ、塩、コショウ、砂糖で味を調えます。
  7. 再び沸騰したらタラを加えます(タラを加えたらあまりかき混ぜないように)。
  8. ふきこぼれないような火力で味がしみるまで煮込みます。
  9. 煮汁が足りなくなっていたら水を足し、味を再度みて調えます。器に盛りつけて、お好みでパセリ、豆板醤などを加えたら、できあがり!

タラ汁の余った煮汁にご飯を加えて煮込めば、簡単リゾットのできあがり!

ページの上部へ

レシピNo.33
白菜のピリ辛サラダ
材料(4人分)
白菜 1/4~1/3個
貝割れ菜
(またはきゅうり、水菜など)
適量
ツナ缶詰、ハム等 適量
豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1~
マヨネーズ 大さじ2~
小さじ1~
ごま油 小さじ1
砂糖 ひとつまみ
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・白菜は、芯の部分と葉の部分を分けておきます。
  2. 白菜は5センチの長さに切り、さらに繊維に沿って薄切りにし、水にさらします。葉の部分は横に千切りにしておきます。貝割れ菜も5センチ位に切っておきます。
  3. 大きめのボウルに、豆板醤とマヨネーズを入れてよく混ぜ、さらに酢、ごま油、砂糖で味を調えます(白菜が多いときは、全体の量を増やします)。
  4. 器で②をよく混ぜ、水気を切った白菜の芯と、ツナなどを加えて和えます。
  5. 器に千切りにした白菜を敷き、中央に③をのせ、貝割れ菜をのせたら、できあがり!
白菜の芯の部分と葉の部分を別の切り方にすることで、食感の違いを出します。お好みで砕いた柿ピーをトッピングしても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.32
ハタハタと冬野菜のホイル焼き
材料
ハタハタ 1人1~2尾
ネギ 1~2本
きのこ
(しめじ、えのき、しいたけ)
1パック分
大さじ4
味噌 大さじ3
みりん 大さじ1
にんにく 1片
お好みでマヨネーズ、七味唐辛子
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・ハタハタは頭を落として内臓を取り除き、ザルにあげて水気を切っておきます。
  2. ネギは10センチ位をみじん切りにし、残りは1センチの厚さで斜め切りにしておきます。きのこは食べやすくほぐし、にんにくはすりおろしておきます。
  3. 小さいボウルに、みじん切りにしたネギと味噌を加えて混ぜます。さらにみりんとにんにくを加えて混ぜておきます。
  4. アルミホイルを四角に切り、斜め切りにしたネギを敷きます。ハタハタときのこをのせて、酒をふりかけます。(1人分に大さじ1程度)
  5. フライパンに並べ入れて、中火にかけます。蒸気があがってきたら、②の味噌をのせ、フタをして弱火にし、10分程度蒸し焼きにします。
  6. 焼きあがったら、お好みでマヨネーズや七味唐辛子をかけてできあがり!

ページの上部へ

レシピNo.31
ハタハタとブロッコリーのスパゲッティ
材料(4~6人分)
スパゲッティ
(またはお好みのパスタ)
1人あたり80g
塩              大さじ1~1.5
        ※水3リットルに大さじ1程度
ハタハタ(オス) 小6~8匹程度
玉ねぎ(またはネギ) 1/2個
にんにく 1片
ブロッコリー 1個
オリーブオイル
(またはサラダ油)
大さじ3
塩・コショウ 適量
しょうゆ 大さじ1~
しょっつる(ナンプラーや
刻んだアンチョビでもOK)
小さじ1~
パスタのゆで汁 お玉1杯分
お好みでパセリやハーブ 
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. ハタハタは頭を落とし、内臓を取り出します。玉ねぎ、にんにくはそれぞれみじん切りにしておきます。ブロッコリーも1センチ角位に刻んでおきます。(生でもゆでてからでも良い)
  2. 鍋に湯を沸かし、酒を少し加えてハタハタをゆでます。
  3. ゆでたハタハタをザルにあげて水気を切り、荒熱が取れたら手でほぐします。
  4. 大きいフライパンか鍋に、オリーブオイル、にんにくを加えて火にかけ、にんにくの香りがしてきたら玉ねぎを加えて炒めます。
  5. 玉ねぎがしんなりしてきたら、ハタハタを加えて炒め、しょっつる(またはアンチョビ等)を加えて炒めます。
  6. さらにブロッコリーを入れて炒めます。ブロッコリーが柔らかくなったら、しょうゆ、塩コショウで味を調えて、一旦火を止めておきます。
  7. 大きい鍋にたっぷりの湯を沸かし(パスタ100gに対して1リットル位)、塩を加えてパスタをゆでます。
  8. パスタがゆであがる3分前に、⑥を火にかけて、パスタのゆで汁をお玉一杯分加えて煮立てておきます。
  9. ゆであがったパスタを器に盛り付け、⑧のハタハタソースをかけ、パセリやハーブのみじん切りをトッピングしたらできあがり!
ハタハタのゆで汁を塩・コショウ等で味を調え、溶き卵を加えたら、ハタハタスープに変身。ブロッコリーの芯を刻んで加えても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.30
里芋トリュフ
材料(8個分)
里芋(皮をむいたもの) 80g
チョコレート 20g
豆乳 大さじ3
ココアパウダー 適量
シュガーパウダー 適量
お好みで砂糖やブランデー
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. 里芋は皮付きのまま竹串が通るくらいまで蒸し、熱いうちに皮をむく。皮をむいたら、よくつぶしておく。
  2. チョコレートは刻んで、湯せんで溶かしておく。
  3. 里芋とチョコレートと豆乳を、フードプロセッサーに入れて混ぜる(里芋に粘りがあるので、フードプロセッサーを使うときは注意する)。
  4.  ③にココアパウダーをまぶして丸める。最後にシュガーパウダーをふったら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.29
里芋と野菜の蒸しパン
材料(4個分)
里芋(すりつぶしたもの) 50g
1個
薄力粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1
にんじん、いんげん、ピーマンなど  適宜
砂糖 小さじ1
小さじ1/3
マヨネーズ 大さじ1
牛乳 大さじ3
お好みの型(マフィン用など)
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. 里芋を竹串が通る程度にゆでる。野菜はみじん切りにしておく。
  2. 里芋がゆであがったら、皮をむき、熱いうちにすりつぶす。
  3. ボウルに卵を溶いて、調味料を加えてよくかき混ぜる。ミキサーや泡立て器を使ってもOK。
  4. ③に、ふるった薄力粉、ベーキングパウダーを入れてさっくり混ぜる。野菜を加えて、型に7分目まで流し入れる。
  5. 蒸気の上がった蒸し器で15分ほど蒸したらできあがり!
  6. 小麦粉の代わりに里芋を使うことで、低カロリーになります。野菜の栄養価も加わって健康的!

ページの上部へ

レシピNo.28
里芋と海老のガーリックソテー
材料(4人分)
里芋 400g
海老 8尾
にんにく 1片
塩・コショウ 適量
パセリ 適量
オリーブ油 大さじ1
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. 里芋の皮をむいて、厚さ1センチの輪切りにし、多めに塩を振って揉む。水でぬめりを洗い流し、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
  2. 海老の尻尾を残して殻をむく。にんにくは薄切り、パセリはみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて、火にかける(オリーブ油ににんにくの香りをつけます)。
  4. にんにくがキツネ色になったら取り出し、里芋を入れて両面にこんがりと焼き色をつける。
  5. 里芋に火が通ったら海老を加えて炒め、塩・コショウで調味し、パセリを添えたらできあがり!

ページの上部へ

レシピNo.27
里芋の甘辛ごま焼き
材料(3~4人分)
里芋 350g
片栗粉 大さじ2
サラダ油 適量
すりごま 大さじ2~3
砂糖 大さじ1.5
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1.5
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. 里芋の皮をむいて、一口大に切り、かために湯がいて水を切る(皮付きのままゆでて水にとれば、つるんと皮がむけます)。
  2. 里芋に片栗粉をまぶして、多めの油をひいたフライパンで揚げ焼きにする。
  3. 表面に焦げ目がつき、里芋が柔らかくなったら火を止める。合わせておいた調味料を加えて絡め、最後にごまを加えて混ぜたらできあがり!
  4. 里芋が焦げ付かないように、火を止めてから調味料と合わせるのがポイント。

ページの上部へ

レシピNo.26
りんごのワインコンポート
材料
りんご 2~3個
赤ワイン 1カップ
砂糖 大さじ2
お好みでシナモン
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・りんごは皮をむき、8等分に切ります(塩水につける必要はありません)
  2. りんごがちょうど並ぶ位の鍋にりんごを入れ、赤ワインと砂糖を加えて、最初は強火で煮ます。
  3. 沸騰してきたら弱火にして、できれば落し蓋をしてコトコト煮含めます。
  4. 途中、上下を入れ替えて、煮汁にとろみがつくまで煮込めばできあがり!
    ※火を止めたらお好みでシナモンを加えてもOK。
冷やしておいてそのままデザートにするほか、アイスクリームやヨーグルトに添えたり、クラッカーにのせたりしてどうぞ。 ラップなどで包んで凍らせて、そのままシャーベットとしても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.25
米粉de秋田風サーモンスープ
材料(4~6人分)
2切(200g)
塩(下味用) 小さじ1
ガーリックパウダー
(にんにくでもOK) 
小さじ1/2
ネギ 1本
じゃがいも 2個
きのこ
(しいたけ・しめじ・まいたけ等)
2パック
セリ 適量
バター 20g
日本酒(または白ワイン) 大さじ2
牛乳 2カップ
米粉 大さじ2
塩・コショウ 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 鮭は皮と骨を取り除き、1.5センチ角に切り、塩小さじ1とガーリックパウダー小さじ1/2で濃いめに下味をつけます(甘塩鮭を使う場合は塩は不要です)。
  2. ネギは縦に半分に切ってから1センチ幅に切り、じゃがいも、きのこは1.5センチ角に切ります。セリは1センチに刻んでおきます。
  3. 鍋にバターを入れて火にかけ、半分くらい溶けてきたらネギを入れて炒めます。
  4. ネギがしんなりしてきたら、じゃがいもときのこを入れて炒めます。
  5. じゃがいもが透き通ってきたら、下味をつけた鮭を入れてさっくりと炒めます。
  6. 鮭の色が変わったら、日本酒を入れて強火にして水気を飛ばします。水をひたひたに加えて中火で煮ます。
  7. ボウルに米粉を入れ、泡だて器で混ぜながら牛乳を少しずつ加えて溶かします。
  8. 野菜が柔らかくなったら、米粉牛乳を加え、とろみが出るまで煮込みます。味を見て足りなければ塩、コショウで味を調えます。
  9. 器に盛り付け、セリを散らしたらできあがり!
ホワイトソースの代わりに、牛乳と米粉を使うのがポイントです。また、片栗粉より米粉の方が、冷めてもとろみが残るのでおすすめです。

ページの上部へ

レシピNo.24
鮭のカリッと焼き・とんぶりとネギの和風タルタルソース添え
材料(4人分)
4切
塩・コショウ 少々
米粉・小麦粉 各大さじ2~
サラダ油 大さじ1
卵(固ゆで) 2個
とんぶり 1/2袋~
ネギ(白いところ) 10センチ
味噌 小さじ1
マヨネーズ 大さじ3~
つけ合わせの野菜 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・鮭は水気を切っておきます。皮のぬめりが強い場合は茶殻でこすると取れやすくなります。
  2. 卵は固ゆでにして殻をむき、1センチ角に刻みます。ネギはみじん切りにします。
  3. ボウルに刻んだネギと味噌を入れて混ぜます。よく混ざったらマヨネーズを加え、刻んだゆで卵を入れて混ぜます。
  4. 鮭に塩・コショウし、米粉と小麦粉を混ぜたものをまぶします。
  5. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、熱くなったら、盛り付ける側を下にして鮭を焼きます。
  6. こんがり焼けたら裏返して弱火にしてしっかり火を通し、皿に盛りつけます。
  7. お好みの付け合せ野菜と一緒に盛り付け、とんぶりをいれたタルタルソースをかけたらできあがり!(とんぶりは盛り付ける前に入れると美味しいです)

ページの上部へ

レシピNo.23
きのこと長芋の和風サラダ
材料(4人分)
まいたけ 1/2パック
しいたけ 4枚
しめじ 1袋
長芋 10センチ程度
水菜 1/2束
プロセスチーズ 適量
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
砂糖 大さじ2/3
ごま油 大さじ2
白ごま 適量
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. まいたけ、しめじは小房に分け、しいたけは石づきを取って、一口大に切る。
  2. ①をフライパンで焼く(グリルやオーブンで焼いてもOK)。
  3. 長芋の皮をむいて、ビニール袋に入れ、めん棒で粗めに砕く。水菜は4センチ程度に切り、プロセスチーズはサイコロ状に切る。
  4. すべての材料を混ぜて皿に盛り、混ぜ合わせた調理料をかけ、白ごまをふったらできあがり!
  5. きのこ類にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれるため、プロセスチーズを混ぜるのがポイントです。

ページの上部へ

レシピNo.22
きのこのアヒージョ風
材料(4~5人分)
えのき 1袋
しめじ 1パック
エリンギ 2本
まいたけ 1/2パック
ウインナーソーセージ      6本
にんにく 1片(好みで2片)
オリーブオイル 適量
一味唐辛子 適量
塩コショウ 適量
お好みで乾燥バジルまたは乾燥パセリ
  • レシピ提供 丸果秋田県青果株式会社
作り方
  1. きのこ類の石づきを取り、食べやすい大きさに切り分ける(きのこは洗わないのが原則)。
  2. ウインナーソーセージを1.5センチ程度の斜め切りにする。
  3. にんにくの皮を剥ぎ、包丁の腹でつぶす。
  4. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火でじっくりにんにくの香りをオリーブオイルに移す。
  5. にんにくの香りが出てきたら、ウインナーソーセージを入れて軽く炒める。
  6. ウインナーソーセージの香りが出てきたら、きのこ類を入れて炒める(きのこから水分が出やすくなるので、あまりかき混ぜない)。
  7. ⑥に唐辛子と塩コショウを入れて炒め合わせる。味見をし、塩コショウで調整したらできあがり!(お好みで乾燥バジルまたは乾燥パセリを添えてもOK)

ページの上部へ

レシピNo.21
枝豆とカニかまのかき揚げ
材料(2人分)
カニかま 4本
枝豆(さやから外したもの) 1/4カップ
天ぷら粉 適量
揚げ油 適量
  • レシピ提供 丸果秋田県青果(株)
作り方
  1. カニかまを一口大に切り、枝豆と合わせて、少量の天ぷら粉を全体にまぶす。
  2. 天ぷら粉を水で溶き、①を入れて混ぜ合わせる。
  3. 油を180℃に熱し、②を大さじ1程度の大きさにして揚げる。
  4. 時折返しながら、2分程度揚げて、できあがり!

ページの上部へ