· 

レシピ集 No.161~180

レシピNo.180
簡単パンプティング いちごソース添え
材料(6人分)
★食パン(6枚切り) 3枚
★牛乳 300cc
3個
砂糖 大さじ3~4
牛乳 300cc
バニラエッセンス 少々
型に塗るバター
(またはサラダ油)
少々
いちご 適量
グラニュー糖 大さじ2~3
お好みでホイップクリーム
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: 食パンは厚さにあわせてサイコロ状に切り、★の牛乳300ccをかけて、ふやかしておきます。
  2.  いちごを1センチ位に切り、ボウルに入れて、グラニュー糖をまぶしてなじませておきます(上にかけるソースになります) 。
  3. ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えてよく混ぜます。さらに残りの牛乳300ccを加えて混ぜ、バニラエッセンスを加えます。
  4. 器(厚手のアルミケースでも良い)に薄くバターかサラダ油を塗り、牛乳でふやかした食パンを並べます。オーブントースターの網(または魚焼きのグリル)に並べ、②を八分目まで注ぎます。
  5. 2分程予熱したグリルに入れ、中火で5~6分、程よく焦げ目が付くまで焼きます(オーブンのトースター機能を使っても良いです)。
    ※器が大きい場合は時間を長めに。途中焦げるようであれば、アルミホイルをかぶせましょう。
  6. 焼きあがったら皿にのせ、①のいちごソースやホイップクリームを添えたら、できあがり!
  7. 量を多くしてフライパンで弱火で蒸し焼きにし、焼きあがったら切り分けても良いです。熱々でも、冷たくしてもおいしいです。 焼くときに炒めたリンゴや、缶詰のフルーツ、クルミやレーズンを加えてもおいしいです。

ページの上部へ

レシピNo.179
いちごドレッシングサラダ
材料(6人分)
キャベツまたはレタス 1/3個~1/2個
たまねぎ 1/2個
サラダエビ(またはハムや
加熱した鶏肉等)
    適量
いちご 100g
大さじ2
サラダ油 大さじ3~4
小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4~
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. いちごは洗って水気を切り、ビニール袋に入れて上から手でつぶします。※つぶしても大きい場合は細かく刻みます。すりおろしたり、フードプロセッサーで細かくしても良いです。
  2. ボウルにつぶしたいちごを入れ、酢、サラダ油、塩、しょうゆ、砂糖を加えてドレッシングを作ります。 
  3. キャベツは太めの千切りに、たまねぎは薄切りにして水にさらします。エビは大きければ食べやすく切っておきます。 
  4. キャベツとたまねぎ、エビ等を器に盛り付け、食べる直前にドレッシングをかけたら、できあがり! 

ページの上部へ

レシピNo.178
卵とパン粉のスープ
材料(作りやすい分量)
1個~
パン粉 1/2カップ~
たまねぎ 1/2個
コンソメ 1個
塩・コショウ 各適量
青い野菜(万能ねぎ、パセリ等)  少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 卵を割りほぐし、パン粉を加えて混ぜておきます。たまねぎは薄切りにします。
  2. 鍋に水6~7カップと、たまねぎを加えて煮込みます。たまねぎが柔らかくなったら、コンソメ、塩、コショウで味を調えます。
  3. 沸騰したスープに①をスプーンで一口大ずつ加え、サッと煮ます。
  4. 器に盛り付け、青みの野菜等を散らしたら、できあがり! 
  5. フライ等で余った卵やパン粉を使って作れる簡単スープです。

ページの上部へ

レシピNo.177
エビフライのラッキョウタルタル添え
材料(4~6人分)
エビ   大きさによって1人2~3尾
塩コショウ 適量
適量
パン粉 適量
揚げ油 適量
薄力粉 適量
タルタルソースの材料
★らっきょう 60g
★ゆでたまご 3個
★マヨネーズ 大さじ5~
★お好みでパセリ 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. ★の材料でタルタルソースを作ります。らっきょうは細かいみじん切りにしてボウルに入れます。卵は固ゆでにして殻をむき、らっきょうを入れたボウルに入れ、フォークで細かく崩します。マヨネーズを加えて和えておきます(お好みで刻んだパセリを加えても良いです)。
  2. エビは尾と一節残して殻をむき、背ワタを取ります。尾の中心の先を包丁かキッチンバサミで切り、中の水気をしごきだします。腹側に斜めに4~5か所切り目を入れます(厚みの1/3ぐらいまで切る)。軽く塩コショウします。
  3. 薄力粉をつけ、溶き卵をくぐらせ、パン粉をつけます(上から軽くにぎっておくとパン粉がなじみます)。 
  4. 揚げ油をフライパンに3センチ深さに入れて、180度に熱しておきます。
    ※温度設定が無い場合は、菜ばしを入れてみて大きめの泡があがっていく状態に。油の温度が低いと細かい泡、高いと泡が勢いよくあがります。
  5. カラリと揚がったら、油を切っておきます。
  6. 器に盛り付けてタルタルソースを添えたら、できあがり!
  7. たまねぎとピクルスの代わりにらっきょうを使って、手軽にタルタルソースが作れます。タルタルソースは冷蔵庫で3~4日保存が可能。魚のムニエルにのせたり、パンにのせて焼いたり、ゆでた野菜や唐揚げ等にのせて食べてもおいしいです。

ページの上部へ

レシピNo.176
野菜と豆乳のスープ
材料(2~3人分)
だし汁 4カップ
豆乳 1カップ
だいこん 5センチ
にんじん 1/3本
油揚げ 1枚
アスパラ菜 2本
味噌 大さじ4~
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. アスパラ菜は固めにゆでて、食べやすい長さに切る。だいこんとにんじんは5ミリ程度の薄切りにする。油揚げは1センチ角に切る。
  2. 鍋にだし汁とだいこん、にんじんを入れて火にかけ、柔らかくなるまで煮る。
  3. 野菜が煮えたら油揚げを加え、味噌を溶かし入れる。 
  4. 最後に豆乳を加え、アスパラ菜を入れたら、できあがり!(豆乳の量は好みで調整する)

ページの上部へ

レシピNo.175
野菜たっぷりミートローフ
材料(4人分)
豚ひき肉 200g
たまねぎ 小1個
にんじん 1/2個
冷凍グリーンピース
(またはいんげん)     20g
デミグラスソース 100g
1個
パン粉 1/2カップ強
レタス 適量
塩、コショウ 少々
トマトケチャップ 適量
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. たまねぎ、にんじんはみじん切りにする。
  2. ボウルに豚ひき肉、たまねぎ、にんじん、グリーンピース、ソース、卵、パン粉、塩、コショウを入れて、よくこねる。
  3. 耐熱容器(または牛乳パックの上面をカットした型)に②を入れて表面を平らにし、500wの電子レンジで20~25分、ラップをかけずに加熱する。 皿にレタスを盛り付け、切り分けたミートローフをのせたら、できあがり!(冷めてから切ると綺麗に切れます)

ページの上部へ

レシピNo.174
カップ寿司
①カップ寿司の材料(4人分)
ちらし寿司 米2合分
さやえんどう 4個
2個
エビ 4尾
サラダ油、塩、砂糖  適量
②ちらし寿司の材料(4合分)
にんじん 1/2本
ごぼう 1/2本
れんこん 100g
油揚げ 1枚
干ししいたけ 4枚
干ししいたけの戻し汁 300cc
サラダ油 大さじ1
砂糖、しょうゆ 各大さじ3
みりん、酒 各大さじ1
大さじ1/2
顆粒和風だし 小さじ2
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. ちらし寿司を作る。干ししいたけは水に戻し、細かく切る(戻し汁は捨てない)。にんじんも細かく切る。油揚げは1センチ角に切る。
  2. ごぼう、れんこんは皮をむき、小さめに切って水にさらす。 
  3. フライパンに油を熱し、硬いものから順に炒める。 
  4. 全体に油が回ったら、調味料と戻し汁を加えて汁気がなくなるまで弱火で煮詰める。酢飯に混ぜておく。
  5. カップ寿司を作る。エビは皮をむき、塩水で軽く洗い、サッとゆでる。
  6. さやえんどうは沸騰したお湯に塩を入れてゆで、千切りにする。
  7. 卵は砂糖、塩を入れ、薄焼き卵を作り、千切りにする。
  8. カップにちらし寿司を入れ、薄焼き卵、さやえんどうをのせ、真ん中にエビをのせたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.173
にんじんとブロッコリーの芯のおかかキンピラ
材料(作りやすい分量)
にんじん 1本
ブロッコリーの芯 1個分
サラダ油 大さじ1
かつおぶし 小1パック
しょうゆ 大さじ1~
ごま油 小さじ1/2
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:にんじんは5センチの千切りに、ブロッコリーの芯も、 皮をむき、にんじんと同様にきざんでおきます。
  2. フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんじん、ブロッコリーの芯を加えて炒めます。
  3. しんなりしてきたら、しょうゆで味を調え、仕上げにごま油を加えて混ぜます。
  4. 火を止めてから、かつおぶしを加えてさっと混ぜ、器に盛り付けたら、できあがり!
  5. カロチンは、油で炒める事でより吸収がよくなります。ブロッコリーの芯はゆでるより、軽く炒めたほうが歯ざわりよく食べられます。

ページの上部へ

レシピNo.172
ゆで鶏のブロッコリーあんかけ
材料(6人分)
鶏むね肉 2枚
しょうが 1片
大さじ2
小さじ1
ブロッコリー 1個
少々
水溶き片栗粉 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: 鶏肉は煮る30分以上前に冷蔵庫から出し、室温になじませておきます。しょうがは皮をむき、すりおろします(皮も使います)。
  2. 鍋に鶏肉と水2カップを加え、しょうがの皮、酒、塩を加えてフタをして煮込みます。
  3. 沸騰してきたら、火を弱め、20~30分程度煮込みます(鶏肉の大きさによって時間が変わってきます)。
  4. 火を止め、煮汁につけたまま冷まします。
  5. ブロッコリーは包丁でざくざくと1センチ~1.5センチ角程度に切ります(芯の部分は他の料理で使いましょう)。
  6. 煮汁から鶏肉としょうがの皮を取り出します。鶏肉は食べやすくほぐし、皿に平らに盛り付けておきます。
  7. 煮汁の味を確認し、あんかけにして濃すぎるようであれば水を足し、薄いようであれば、塩で味を調えます。
  8. 煮汁を煮立て、ブロッコリーを入れて煮ます。柔らかくなったら水溶き片栗粉でとろみをつけます。
  9. 鶏肉の上にブロッコリーあんをかけ、しょうがをのせたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.171
ブリの味噌粕汁
材料(6人分)
ブリ(アラや尾の身等)  600g~
大さじ1~
だし昆布 10センチ角
大根 1/2本
にんじん 1本
油揚げ 1枚
こんにゃく 1/2枚
7~8カップ
味噌 大さじ3~
酒粕 大さじ3~
ねぎ 1本
お好みで七味唐辛子等
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:ブリは大きければ食べやすく切り、塩をたっぷり振って30分~1時間おいておきます。
  2. 大根とにんじんは5センチの長さに切り、1センチ厚さの短冊切りにします。油揚げはサッと湯をかけ、同じくらいの短冊に切ります。こんにゃくも同じくらいの大きさに切ります(下ゆでが必要な場合は下ゆでします)。ねぎは細かく刻んでおきます。   
  3. 塩をしたブリは水でよく洗い、ザルで水気を切っておきます。
  4. 鍋に水とだし昆布を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、ブリを加えて煮ます(取り出した昆布は食べやすく切り、野菜と一緒に加えましょう) 。
  5. アクを取りながら10分程度ブリを煮ます。大根とにんじんと昆布、油揚げとこんにゃくを加えて煮ます。
  6. 野菜が柔らかくなったら、味噌と酒粕を煮汁で溶いて加えます。 
  7. 器に盛り、ねぎをトッピングします。お好みで七味唐辛子などをトッピングしたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.170
ブリのホットドレッシングサラダ
材料(6人分)
刺身用ブリ 300g~
長ねぎ 1~2本
豆苗(または水菜、カイワレ菜等)   1束
めんつゆ(5倍濃縮) 大さじ4~5
大さじ4~5
ごま油 大さじ2~3
お好みで唐辛子
(輪切りまたは千切り)
適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. ブリは包丁を寝かせるようにして、薄くそぎ切りにします。
  2. 長ねぎは5センチ長さの斜め薄切りにして水にさらしておきます。 
  3. 豆苗は5センチ幅に切ります。
  4. 水気を切った長ねぎと豆苗を混ぜ、器に盛り付けておきます。
  5. 食べる直前に野菜の上にブリをのせ、小さい鍋にめんつゆ、酢、ごま油を入れて、熱々に熱したものをかけます。
  6. お好みで唐辛子をトッピングしたら、できあがり! 
  7. 薄切りにしたブリで長ねぎと豆苗を巻き、つまようじでとめて大皿に盛り、熱々ドレッシングをかけても良いです。

ページの上部へ

レシピNo.169
長いもようかん
材料(作りやすい分量)
長いも 250g
粉寒天 2袋
2カップ
砂糖 200g
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 長いもは皮を薄くむいて適宜切り、竹串がすっと通る程度にまで蒸し、熱いうちに裏ごしする。砂糖の半量を加えて、中火でよく練る。
  2. 別の鍋に水と粉寒天を入れ、残りの砂糖を入れて火にかける。
  3. ①の長いもに②を少しずつ加えてよく混ぜ、弱めの中火でペースト状になるまで練る。
  4. 容器に③を流し入れ、冷蔵庫で固めたら、できあがり!(お好みで黒豆を添えてもOK)

ページの上部へ

レシピNo.168
ヘルシー巻寿司
材料(4本分)
2合
すし酢 大さじ4
海苔 2枚
ながいも 60g
梅干し 4個
大葉 4枚
白ごま 小さじ4
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 米は30分位前に洗い、普通のご飯の水加減で炊く。    
  2. ながいもは皮をむき、1センチ程度のスティック状に切る。
  3. 炊きあがったご飯に、市販のすし酢を表示されている分量のとおり混ぜ、酢飯を作る。
  4. 巻きすに海苔をのせ、酢飯を広げる。その上に大葉、ながいも、梅干しをのせ、上に白ごまをふって、手前から端に向かって巻いたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.167
うどと菜の花のサラダ
材料(4人分)
うど 1本
菜の花 1/2束
にんじん 2センチ程度
ちくわ 1本
★酢 大さじ1/2
★みそ 大さじ1
★マヨネーズ 大さじ2
★砂糖 小さじ1/2
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. うどの皮をむき、縦半分にした後、薄切りにする。酢水に入れてアク抜きする。
  2. 菜の花はゆでて適当な長さに切る。にんじんは薄い半月切りにしてゆでる。 
  3. ちくわは5センチ程度の長さに切り、縦に4等分し、沸騰したお湯でサッと湯通しする。 
  4. ちくわ、うど、菜の花、にんじんを★の調味料で和えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.166
白菜の鶏スープ煮
材料(4人分)
白菜 500g
鶏もも肉 1枚
たまねぎ 1/4個
しょうが(薄切り) 4~5枚
小さじ1
4カップ
一味唐辛子  
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 白菜はざく切り、たまねぎは薄切りにする。  
  2. 鍋に鶏もも肉、たまねぎ、しょうが、水を入れて中火にかける(鶏もも肉は切らずにかたまりのまま入れるとパサつかない)。
  3. 沸騰したらアクを取り、白菜を入れ、中火で15分間程度煮る。白菜が柔らかくなったら、塩で味を整える。
  4. 食べる直前に鶏肉を取り出して、食べやすい大きさに切る。  
  5. 器に鶏肉、白菜等をのせ、好みで一味とうがらしをあしらったら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.165
納豆から揚げ
材料(約16個分)
きざみ納豆 240g(6パック)
3g
片栗粉 大さじ2
揚げ油 適量
レモン 適量
パセリ 適量
作り方
  1. ボウルに納豆と塩、片栗粉をよく混ぜ合わせます。
  2. 170~180度に熱した油の中に、①をスプーンで丸めながら入れていきます。
  3. きつね色になるまでこんがり揚げます。 お好みでレモンとパセリを添えたら、できあがり! 
  4. きざみ納豆を使用することで形がきれいに出来ます。納豆は焦げやすいので揚げている最中は目を離さないようにしましょう。

ページの上部へ

レシピNo.164
納豆汁
材料(6人分)
納豆 20g(1/2パック)
納豆汁の素 1.5袋
豆腐 1/2~1丁
油揚げ 3枚
なめこ 60g
わらび 1袋
里芋 小12個
さわもだし 120g
セリ 適量
味噌 60g
だし汁(いりこだし)  約900ml
お好みで長ねぎ、七味
作り方
  1. 豆腐は1.5センチ角ほどのさいの目に、油揚げはせん切り、 里芋は一口大に切り、柔らかくなるまで煮ます。セリはお好みの長さに、ねぎは輪切りもしくはみじんに切ります。
  2. さわもだしは水で軽く洗い、切った油揚げには沸騰したお湯をかけて油きりをしておきます。
  3. 鍋にだし汁を入れ、里芋、きのこを入れます。 再沸騰したら、油揚げ、豆腐、セリ、わらびを入れ、煮立たせます。
  4. 納豆をすり鉢とすりこ木でお好みの大きさまですり潰します。
  5. 納豆汁の素」と味噌を小鍋に入れ、だし汁で溶きほぐしておきます。
  6. ③の鍋に、すり潰した納豆、⑤の納豆汁と味噌を溶きいれて味を調えます。お好みでねぎや七味をかけたら、できあがり! 
  7. 納豆を入れてから、煮立たせすぎると風味が損なわれる場合がありますので、早めに味を決めましょう。

ページの上部へ

レシピNo.163
りんごのカラメル煮
材料(作りやすい分量)
りんご 2~3個
砂糖 大さじ4
大さじ2
お湯 1カップ
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. りんごは4つ割りにして、芯を取って皮をむき、さらに2~3等分します(色が変わっても大丈夫なので、塩水には入れないこと)。お湯を1カップ用意しておきます。
  2. フライパンに砂糖と水を加えて火にかけ、茶色に焦げるまで加熱します。
  3. 色がしっかりついたら、お湯を少しずつ加えてカラメルソースを作ります。
  4. りんごを加えて、煮汁が無くなるまで煮たら、できあがり!(※柔らかく作りたいときは弱火でフタをして煮ましょう。歯触りを残したい時は中火でフタをしないで混ぜながら煮ましょう)
  5. アイスクリームやムース、ヨーグルトなどに添えたり、クラッカーやパンにのせてもOK。たくさん作って小分けして冷凍し、半解凍でシャーベットとして食べてもおいしいです。

ページの上部へ

レシピNo.162
根菜のポタージュ
材料(4~6人分)
にんじん 1本
ごぼう 1本
たまねぎ
(または長ねぎ)
1/2個
(1本)
大さじ3
バター 大さじ2
コンソメ 1個
塩コショウ 少々
牛乳 500cc
パセリ 少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:にんじんは皮をむいて薄切りにします。ごぼうも皮をこそげて薄切りにし、水にさらしてアクを抜きます。たまねぎは芯をとり、薄切りにします。
  2. 鍋にバターを溶かし、たまねぎを加えて色づかないように弱火で炒めます。
  3. にんじん、ごぼう、米も加えて、お米が透き通った感じになるまで炒めます。
  4. 水3カップとコンソメを加え、フタをして加熱します。ごぼうが柔らかくなるまで弱火で煮ます。
  5. ③の中身をミキサーにかけます(ミキサーの容量が小さいときは半量ずつに分けてかけること)。
  6. ミキサーにかけたら鍋に戻し、牛乳と水適量を加えて温め、仕上げに塩コショウで味を調えます。
  7. 器に盛り付け、パセリを散らしたら、できあがり!
  8. この他にいろいろな野菜を加えてもOKです。ピーマン、パプリカ、じゃがいも、キャベツ、カボチャ、各種豆など。圧力鍋があれば、スピーディに出来上がります。

ページの上部へ

レシピNo.161
タラとじゃがいもの重ね焼き
材料(4~6人分)
タラ 400g
※下味用・・・塩、コショウ各少々、
      牛乳大さじ2
じゃがいも 4~5個
たまねぎ 1個
にんにく 1~2片
★マヨネーズ 100g
★卵 2個
★牛乳 150cc
★塩コショウ 少々
グリーンバターライスの材料
ごはん 3合分
パセリ(またはほうれん草の葉を
ゆでて刻んだもの)
バター 30g
少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: タラは皮と骨をとり、一口大にそぎ切りにします。軽く塩コショウして、牛乳をふりかけておきます。
  2. じゃがいもは大きめの一口大で1センチ厚さに切り、やわらかくゆでます。たまねぎは半分に切り、薄切りにします。にんにくも薄切りにします。
  3. 耐熱容器にサラダ油(分量外)を薄く塗り、じゃがいもを並べ、上にタラを重ね、たまねぎとにんにくを散らします。オーブンを200度に予熱します。
  4.  ★の材料を泡立て器で混ぜ合わせ、塩コショウで味を調え、たまねぎの上から全体に注ぎます。
  5. パセリは水気を切って細かく刻みます(ほうれんそうを使う場合はゆでて水にさらし、水気をきっちりと絞ってから、葉の部分をしっかり細かくみじん切りにします)。
  6. 200度に予熱したオーブンで、25~30分こんがり焦げ目がつくまで焼きます。 
  7. ごはんを少し固めに炊き、炊き上がったらバターとパセリを加えて混ぜます。さらに塩で味を調えます。
  8. バターライスを盛り付けた器に、焼き上がった⑤をスプーンで取り分けたら、できあがり! 
  9. タラの他に、鮭やホタテ、鶏肉でもおいしく作れます。大きく焼いて取り分けるほか、ココットなどで1人分ずつ焼いてもOKです。

ページの上部へ

「レシピ集」へ戻る