· 

レシピ集 No.141~160

レシピNo.160
タラのチーズピカタ
材料(6人分)
タラ 6切れ
塩コショウ 少々
小麦粉 適量
ピザ用チーズ 50g~
2個
サラダ油 大さじ2
ケチャップ 大さじ3
ソース 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ1
大さじ1~2
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. タラは半分に切り、軽く塩コショウして両面に小麦粉をまぶします。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、溶き卵をたっぷりつけたタラを、並べるように入れて焼きます。片面が焼けたら裏返して、火を少し弱めて焼きます(片面が焼けた後、もう一度卵をつけて焼くとボリュームアップします)。
  3. タラに火が通ったら一度皿に取り出し、ケチャップ、ソース、しょうゆ、砂糖、水を入れて煮立たせ、タラを戻してからめます。
  4. ピザ用チーズをのせ、チーズが溶けるまで弱火で加熱したら、できあがり!
  5. 冷めても美味しいので、お弁当にもぴったりです。ケチャップ味のほか、大根おろしとポン酢でいただいてもおいしいです。お好みでガーリックパウダーや、唐辛子など加えてもOK。

ページの上部へ

レシピNo.159
簡単大学いも
材料(作りやすい分量)
さつまいも 大1本
サラダ油 大さじ2
砂糖 大さじ5
黒いりごま 大さじ1~2
クッキングシート 適宜
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. さつまいもは洗って乱切りにし、5分ほど水にさらす。ザルに上げて水けをきっておく。
  2. フライパンにクッキングシートを敷き、サラダ油、さつまいも、砂糖を入れ、フタをして火にかける。     
  3. ときどき菜箸でかき混ぜながら、弱火~中火で10~20分加熱する。     
  4. さつまいもに竹串がすーっと刺さるくらいになったら、黒いりごまを入れ、全体にからめたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.158
冬野菜のポトフ
材料(4~5人分)
ベーコン 100g
じゃがいも 3個
たまねぎ 1個
にんじん 1本
大根 10センチ
キャベツ(または白菜) 3~4枚
ウインナー 4~5本
ブロッコリー 1/3個
サラダ油 大さじ2
顆粒コンソメの素 大さじ3
塩・コショウ 少々
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. ブロッコリーはかためにゆでておく。ベーコン、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、大根、キャベツは好みの大きさに切る。
  2. 鍋に油を熱し、ベーコンを軽く炒め、ブロッコリー以外の野菜を入れて炒める。全体に油が回ったら、野菜がかぶるくらいの水とコンソメを入れて、野菜が柔らかくなるまで煮る(水を多めにするのがおすすめ)。
  3. 塩・コショウで味を調え、ウインナーとブロッコリーを入れる。再び煮立ったら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.157
ひき肉と春雨のピロシキ
パン生地の材料(16個分)
薄力粉 150g
強力粉 50g
牛乳 1/2カップ
砂糖 20g
小さじ1/4
バター 20g
卵黄 1個分
ドライイースト 7g
具の材料(16個分)
ひき肉 100g
春雨 20g
たまねぎ 1/2個
にんじん 5センチ程度
しいたけ 2個
ゆでたまご 1個
小麦粉 大さじ2
カレー粉 小さじ2
小さじ1
サラダ油 大さじ2
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. パン生地を作る。 牛乳は人肌に温め、バターは柔らかくしておく。ボウルにふるった薄力粉と強力粉、砂糖、 塩、溶き卵、ドライイーストを入れ、牛乳を少しずつ加えながら木べらなどでまとめる。
  2. バターを加え、なめらかになるまで手でよく練る。丸めてボウルかビニール袋に入れ、温かい場所に1時間ほどおき、倍にふくらむまで発酵させる。
  3. 具を作る。春雨は柔らかくなるまでゆでて、細かく切っておく。たまねぎ、にんじん、しいたけ、ゆでたまごはみじん切りにする。
  4. フライパンに油を熱し、ひき肉、たまねぎ、にんじん、しいたけを入れて炒める。小麦粉、カレー粉、塩を入れて調味し、ゆでたまご、 春雨を混ぜて16等分する。
  5.  ①の生地を棒状にして、16等分に切る(乾かないようにふきんをかぶせておく)。1個ずつめん棒で10センチぐらいの楕円形に伸ばし、真ん中に④の具をのせ、半月形に折りたたむ。
    合わせ目に卵の白身をぬり、折りたたむように合わせると、揚げた時に生地が開かない。
  6.  揚げ油を160~170℃に熱し、転がしながら色づくまでゆっくり揚げたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.156
洋風きんとん
材料(作りやすい分量)
さつまいも     600~700g
          (正味400g)
砂糖 80g
パイナップルの缶詰 大1/2缶
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: さつまいもは5センチの厚さに切ってから皮を厚く切り落とし、一口大に切ってから、水が白くにごらなくなるまで、水を変えてさらしておきます。
  2. 鍋に水とさつまいもを加え、さつまいもが柔らかくなるまでゆでます。
  3. ゆであがったらザルにあけて水気を切り、鍋に戻してすりこぎ等でつぶします(裏ごすとよりなめらかに。フードプロセッサーでもOK)。
  4. 熱いうちに砂糖を加えて混ぜ、さらにパイナップルの缶汁を加え、中火にかけます。
  5. 木べらで練りながら加熱して、少し柔らかめの状態で火からおろし、冷まします(かたくなってしまった時は水またはパイナップルの缶汁で調整)。
  6. あら熱がとれたら、刻んだパイナップルを混ぜて、できあがり!(お好みでレーズンや黒豆をのせてどうぞ)
パイナップルの入ったさっぱりしたきんとんです。綺麗な黄色がお重のアクセントにピッタリ。

切り落とした皮は捨てずに千切りにし、水にさらします。ごま油で炒めて、砂糖としょうゆで濃い目に味を付ければ、美味しいきんぴらになります。

ページの上部へ

レシピNo.155
しめたまごの澄まし汁
材料(6人分)
3個
少々
ワカメ 適量
三つ葉または万能ねぎ 少々
だし汁 4~5カップ
しょうゆ、塩 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:だし汁を作っておきます。ワカメは戻して食べやすく切っておきます。
  2. しめたまごを作ります。卵を割りほぐし、塩少々を加えます。ザルの上に水気を絞ったふきんかガーゼを敷いておきます。 
  3. 鍋にお湯を沸かし、沸騰したらかきたま汁の要領で、卵液を流し入れます。卵が浮き上がってきたら、柔らかいうちに、①のふきんの上に注いで水気を切ります。
  4. ふきんの両脇を輪ゴムで止めて形を整え、ふきんごと巻きすで巻きます。
  5. だし汁にしょうゆと塩を入れて味を調えます。
  6. 器に形良く切ったしめたまごとワカメを入れ、熱々の汁を注ぎ、三つ葉または万能ねぎを加えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.154
ナマス風サラダ
材料(6人分)
大根 10cm
にんじん 10cm
きゅうり 1本
生ハム 6枚
適量
大さじ2
マヨネーズ 大さじ1
ねりがらし 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 大根は5センチ幅に切ってから皮をむき、繊維に添うように千切りにし、塩小さじ1/2位をふりかけて軽くもみます。にんじんも同様に千切りにし、塩小さじ1/4をふりかけて軽くもみます。そのまま10分位おきます。
  2. きゅうりは、葉に見えるように斜めに薄切りにします。
  3. ボウルに酢とマヨネーズ、ねりがらし、砂糖を入れて混ぜ合わせておきます。
  4. 塩をした大根の水気をきっちりと絞ります。味を見て塩気がきついようであれば、サッと水洗いして水気をきっちり絞り、ボウルのドレッシングに加えます。にんじんはサッと洗い流して水気をきっちりと絞り、ボウルに入れて混ぜ合わせます。
  5. 器に盛り付け、きゅうりを2~3枚、葉のようにのせ、生ハムを花のように飾ったら、できあがり!
普通のハムときゅうりを千切りにしてサラダにのせても良いです。

ページの上部へ

レシピNo.153
サラダエビde生春巻き
材料(6人分)
生春巻きの皮 12枚
エビ(ゆでたもの)、大葉、春雨、水菜   適量
中華ドレッシング、スウィートチリソース、
マヨネーズ、しょうゆ等         
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 具を準備しておきます。春雨はゆでて、中華ドレッシングで和えておきます。水菜は5センチ幅に切っておきます。
  2. 大きめのボウルにぬるま湯を用意します。
  3. ぬるま湯の中に生春巻きの皮をくぐらせ、水気を切って皿にのせます。
  4. 戻した皮が少し曲がるようになったら、具を細長くおきます。春巻きを包む要領で、少しきつめに包みます。包み終わったら、ラップをかけてなじませます。
  5. 食べやすく半分に切り、お好みでソースを添えて盛り付けたら、できあがり!
生春巻きの皮は乾燥しやすいので、食べる直前までラップをかけておきましょう。中の具は、水気のあまり多くないものであれば、何でもOKです。

ページの上部へ

レシピNo.152
エビの奉書包み揚げ
材料(6人分)
春巻きの皮 6枚
エビ(中~大) 12尾
塩・コショウ 少々
小麦粉 適量
鶏ひき肉 150g
日本酒 大さじ1.5
卵白 1/2個分
片栗粉 大さじ1
ひとつまみ
揚げ油 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:冷凍エビを使う場合は、解凍しておきます。尾と背の一節を残して殻をむき、背ワタを抜いておきます。
  2. 鶏ひき肉に日本酒、卵白、片栗粉、塩ひとつまみを加えて、ねばりが出るまで練ります。 
  3. エビの腹側に3~4ヶ所、斜めに浅く切り目を入れます(ウインナーに切り目を入れる感じに。曲がりにくくなります)。塩コショウで軽く下味をつけ、小麦粉をまぶします。
  4. 春巻きの皮をはがし、半分に切ります(乾くと割れやすいので、ふきんを掛けておきましょう)。
  5. 春巻きの皮の手前半分に、①の鶏ひき肉を薄く塗ります。
  6. エビにまぶした小麦粉の残りに水を加えて、のり状に溶きます。④の上に、エビを尾が出るように置いてクルクルと巻き、巻き終わりを水で溶いた小麦粉で止めます。
  7. 春巻きの皮の両脇を手で押さえてとじます。
  8. てんぷら鍋かフライパンにサラダ油を深さ2~3センチ入れ、180度に熱します(油が多すぎると春巻きが回転し上手に揚がりません)。
  9. 途中何度か裏返しながら、4~5分こんがりときつね色に揚げます。
  10. 油を切って盛り付けたら、できあがり!(よりカリッとさせたいときは2度揚げします)
塩ゆでした三つ葉の水気をきっちり絞り、揚げたエビの真ん中に結ぶとお正月らしい飾りになります。

ページの上部へ

レシピNo.151
さつまいもの蒸しようかん
材料(作りやすい分量)
あずき缶 1缶(210g)
さつまいも 150g
小麦粉 大さじ2
片栗粉 大さじ1
大さじ2
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. さつまいもは1センチ厚さの輪切りにし、柔らかくゆでて皮をむき、1センチ角に切っておく。
  2. あずき缶を耐熱容器に入れ、小麦粉、片栗粉、水を順番に加える。※その都度よく混ぜ合わせる。
  3. ②にラップをかけ、電子レンジ(600w)で2~3分加熱する。木べらなどでかき混ぜ、再度1分加熱して混ぜ合わせる。さつまいもを加えて軽く混ぜる。
  4. 巻きすの上にラップを広げて③をのせ、形を整えて巻く。 
  5. 好みの厚さに切ったら、できあがり!

さつまいものほか、栗やかぼちゃ、くるみ等でも作れます。

ページの上部へ

レシピNo.150
炊き込み生姜ご飯
材料(4人分)
2合
しょうが 30g
油揚げ 1枚
白ごま 少々
小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1
大さじ1.5
昆布 10センチ程度
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 米は炊く30分以上前にといで、ザルに上げておく。
  2. しょうがは皮をむいて千切りにする。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、横半分に切って細切りにする。
  3. 炊飯器に米、酒、しょうゆを入れ、2合の線まで水を入れる。塩、昆布、しょうが、油揚げを加えて炊く。
  4. 炊き上がったら昆布を取り、軽く混ぜて器に盛る。仕上げにゴマを振ったら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.149
具だくさん汁
材料(4人分)
木綿豆腐 1/2丁
にんじん 1/2本
こんにゃく 1丁
しょうが 1/2片
ごま油 大さじ1
だし汁 4カップ
万能ねぎの小口切り   適量
大根 5センチ程度
ごぼう 1/2本
しょうゆ、みりん、酒、塩
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 豆腐はキッチンペーパーに包み、水切りをする。
  2. 大根、にんじんは3~4mm程度のいちょう切りにする。ごぼうはささがきにし、水にさらして水気をきる。こんにゃくはちぎって水洗いをし、水から茹で、沸騰したらザルに上げて水切りをする。しょうがは皮をむき、すりおろす。
  3. 鍋にごま油を熱し、野菜とこんにゃくを炒める。
  4. だし汁を加え、煮立ったらアクを取り、フタをして火が通るまで煮る。豆腐を一口大にちぎり入れ、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ3、塩小さじ1を加える。最後にしょうがを加え、ひと煮立ちさせる。
  5. お椀に盛り、万能ねぎを散らしたら、できあがり!
味がよく染みるように、豆腐をちぎって入れるのがポイントです。

ページの上部へ

レシピNo.148
根菜サラダ
材料(4人分)
れんこん 5センチ
ごぼう 5センチ
水菜 1.5株
焼き豚 適量
めんつゆ 大さじ3
砂糖 大さじ1
大さじ1
すりごま 大さじ3~4
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. れんこんは皮をむいていちょう切りに、ごぼうは斜めにスライスし、別々の熱湯でサッと下ゆでする(れんこんをゆでる時は酢を少し入れる)。水菜は洗って3センチ位の長さに切る。焼き豚も好みの大きさに切る。
  2. めんつゆ、砂糖、酢、すりごまを混ぜておく。
  3. 食べる直前に①と②を和えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.147
食べる人参ドレッシング
材料(作りやすい分量)
にんじん 1本
大さじ2
はちみつ 大さじ1
レモン汁 大さじ1
小さじ1/2
こしょう 少々
ローリエ 1枚
オリーブ油 大さじ4
  • レシピ提供 鈴木美穂子
作り方
  1. にんじんは皮付きのまま縦半分に切り、すりおろす。耐熱容器に分量の水と一緒に入れ、600wの電子レンジで2分加熱する。
  2. にんじんが冷めたら、残りの調味料をすべて入れて混ぜる。しばらくおいて味を馴染ませたら、できあがり!

人参ドレッシングを使って一品

材料(4人分)
豚肉の薄切り 4枚
白だし(めんつゆでも可) 大さじ1
大さじ1
片栗粉 適量
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 豚肉は横半分に切り、白だしと酒を振りかけて、10分程度置いておく。水気を切り、片栗粉をまぶす。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を広げて焼く。皿に盛り、人参ドレッシングで軽く和えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.146
白子の煮付け
材料(2人分)
鮭の白子 200g
しょうゆ 大さじ2
大さじ2
みりん 大さじ2
ザラメ 大さじ2
しょうが 少々
少々
  • レシピ提供 男鹿網元番屋
作り方
  1. 沸騰したお湯に塩を加え、白子を入れて生臭みを取る。色が変わったら取り出し、一口大に切る。
  2. 別の鍋に調味料を全部入れ、沸騰させる。
  3. 白子と千切りにしたしょうがを加え、味が染みるまで煮詰めたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.145
鮭イクラ丼
材料(作りやすい分量)
鮭(メス) 1本
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ3
白だし 大さじ2
万能つゆ 大さじ2
※鮭フレーク用・・・
 白ごま、白だし、塩、サラダ油
  • レシピ提供 男鹿網元番屋
作り方
  1. 鮭の腹を切り開いて腹子を取り出す。
  2. 鍋にお湯を入れて沸騰させる。
  3. 取り出した腹子をボウルに入れ、沸騰させたお湯をそそぐ。菜箸で同じ方向に回して、薄皮を箸にからませる。
  4. ③をザルにあげ、細かくなった皮を取り、ボウルに水を入れて洗い流す。
  5. もう一度ザルに入れて水切りをする。ボウルに入れ、調味料と合わせる。※空気に触れると固くなるので、ラップをかけておく。
  6. 切り身にした鮭をそぎ切りにし、フライパンで焼きながら身をほぐす。
  7. 汁気がなくなるまで炒め、白ごま、白だし、塩、サラダ油を加える。
  8. ご飯の上に⑤と⑦をに盛り付けたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.144
星のパイ(りんご)
材料(作りやすい分量)
冷凍パイシート 4枚
りんごの甘煮 適量
お好みで粉砂糖、シナモン等
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:りんごの甘煮を作ります。りんごを食べやすく切り、りんごの重さの30~40パーセントの砂糖と、レモン汁を少し加えてまぶします。中火にかけ、煮汁が出てきたら弱火にして煮詰めます。水分が飛ぶまで煮たら、冷ましておきます。
  2. 解凍した冷凍パイシートを四角く切り分け(2等分または6等分、大きくても小さくてもOK)四隅に風車を作る時のように切り込みを入れます。オーブンを220度に予熱します。

四隅の生地を中央に集めて指で押さえてしっかり止めます。

りんごの甘煮を中央にのせます。

  1. 220度のオーブンで12~15分、こんがり焼き色がつくまで焼きます。
  2. 焼きあがったら、網に乗せて冷まします。上に粉砂糖やシナモンをふりかけたら、できあがり!
  3. フィンランドでクリスマスに食べられているパイです。地元ではプルーンジャムやブルーベリーで作ることが多いそうです。大きく焼いてバニラアイスを添えて食べても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.143
白菜のピリカラ甘酢漬
材料(作りやすい分量)
白菜の芯 200gくらい
にんじん 少々
唐辛子 1本
大さじ3
砂糖 大さじ2
ごま油 大さじ1
しょうゆ 少々
少々
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:白菜の芯は6センチの長さに切り、さらに1センチ幅に切っておきます。にんじんは細い千切りにします。唐辛子は種を取り、細かく切っておきます。
  2. 白菜、にんじんはそれぞれ塩を振り、なじませておきます(15分程)。
  3. 酢、砂糖、ごま油、しょうゆ、唐辛子を混ぜておきます。
  4. 鍋に湯を沸かし、白菜とにんじんを5~10秒入れてザルにあげ、熱いうちにしっかり水気を切り、②のタレに漬けます。
  5. 塩味が足りなければ加えて味を調え、冷蔵庫に入れて冷やしたら、できあがり!
白菜の葉の部分は、ゆでておひたしや他の料理で使いましょう。刻んでサラダにしても美味しいです。

ページの上部へ

レシピNo.142
サバの船場汁
材料(6人分)
サバ(アラや尾の身等)  適量
小さじ1
大根 10センチ
にんじん 1本
7~8カップ
適量
大さじ2
ねぎ 適量
お好みでゆずの皮、
ゆず胡椒、七味唐辛子等
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備: サバは食べやすく切り、塩を振って30分おいておきます。
  2. 大根とにんじんは5ミリ厚さのいちょう切りにします。ねぎは細かく薄切りにします。
  3. 塩をしたサバを水でよく洗い、沸騰したお湯でサッと湯通ししてザルにあげます。
  4. 鍋に水、サバ、大根、にんじんを入れて強火にかけます。沸騰したらアクを取り、弱火にして煮ます。
  5. 野菜が柔らかくなったら、酒と塩で味を調えます。
  6. 器に盛り、ねぎをトッピングします。お好みでゆずなどを加えたら、できあがり!

ページの上部へ

レシピNo.141
筒切りサバの味噌煮
材料(6人分)
サバ(5センチ位の厚さのもの)  6枚
しょうが (500円玉大)      2個
100cc
200cc
砂糖 大さじ3
本みりん 大さじ2
味噌  70g~
ねぎ  1本
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:サバは、包丁で表面をなでるようにしてぬめりを取ります。頭と尾を落とし、内臓を抜きます。流水で汚れをよく洗い、水気を切ります。
  2. サバは5cmの厚さの筒切りにし、水気をきっておきます。
  3. ねぎの白いところは白髪ねぎ用に、青いところは臭み消し用によせておきます。しょうが1個は皮付きのまま薄切りに、もう1個は皮をむいて千切りにして、トッピング用に寄せておきます。
  4. お湯をたっぷりわかします。ボウルにサバを入れ、お湯をそそいで10秒ほどおき、ザルにあげて水を切ります。再度サバをボウルに入れ、水で手早く冷やします。冷めたらザルにあげ、水気をきっておきます。
  5. 白髪ねぎを作り、水にさらしておきます(残ったねぎの芯は汁物などへ) 。
  6. フライパンか浅い鍋に、酒と水と本みりん、薄切りしょうがとねぎの青いところを入れて火にかけます。煮立ってしょうがの香りが出てきたら砂糖を加え、水気を切ったサバを加え、強火で5~6分煮ます。
  7. サバの表面に火が通ったら弱火にし、煮汁で溶いた味噌を加えます。
  8. 穴をあけたアルミホイルかキッチンペーパー等で落とし蓋をして10分程度煮込みます。
  9. 煮あがったら、そのまま冷ましておきます(冷める間に味がしみこみます)。
  10. 食べる前に落とし蓋を取り、弱火で煮込んで煮汁にとろみをつけます(スプーン等で煮汁を魚にかけながら煮ると照りよく仕上がります)。
  11. 器に盛り付け、白髪ねぎとトッピング用のしょうがをのせたら、できあがり!

ページの上部へ