エビ、タコ、貝類のレシピ

  1. レシピページ
  2. 魚のレシピ
  3. エビ・タコ・貝類のレシピ

エビフライのラッキョウタルタル添え

材料(4~6人分)
エビ   大きさによって1人2~3尾
塩コショウ 適量
適量
パン粉 適量
揚げ油 適量
薄力粉 適量
タルタルソースの材料
★らっきょう 60g
★ゆでたまご 3個
★マヨネーズ 大さじ5~
★お好みでパセリ 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. ★の材料でタルタルソースを作ります。らっきょうは細かいみじん切りにしてボウルに入れます。卵は固ゆでにして殻をむき、らっきょうを入れたボウルに入れ、フォークで細かく崩します。マヨネーズを加えて和えておきます(お好みで刻んだパセリを加えても良いです)。
  2. エビは尾と一節残して殻をむき、背ワタを取ります。尾の中心の先を包丁かキッチンバサミで切り、中の水気をしごきだします。腹側に斜めに4~5か所切り目を入れます(厚みの1/3ぐらいまで切る)。軽く塩コショウします。
  3. 薄力粉をつけ、溶き卵をくぐらせ、パン粉をつけます(上から軽くにぎっておくとパン粉がなじみます)。 
  4. 揚げ油をフライパンに3センチ深さに入れて、180度に熱しておきます。
    ※温度設定が無い場合は、菜ばしを入れてみて大きめの泡があがっていく状態に。油の温度が低いと細かい泡、高いと泡が勢いよくあがります。
  5. カラリと揚がったら、油を切っておきます。
  6. 器に盛り付けてタルタルソースを添えたら、できあがり!
  7. たまねぎとピクルスの代わりにらっきょうを使って、手軽にタルタルソースが作れます。タルタルソースは冷蔵庫で3~4日保存が可能。魚のムニエルにのせたり、パンにのせて焼いたり、ゆでた野菜や唐揚げ等にのせて食べてもおいしいです。
  • レシピNo.177

サラダエビde生春巻き

材料(6人分)
生春巻きの皮 12枚
エビ(ゆでたもの)、大葉、春雨、水菜   適量
中華ドレッシング、スウィートチリソース、
マヨネーズ、しょうゆ等         
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 具を準備しておきます。春雨はゆでて、中華ドレッシングで和えておきます。水菜は5センチ幅に切っておきます。
  2. 大きめのボウルにぬるま湯を用意します。
  3. ぬるま湯の中に生春巻きの皮をくぐらせ、水気を切って皿にのせます。
  4. 戻した皮が少し曲がるようになったら、具を細長くおきます。春巻きを包む要領で、少しきつめに包みます。包み終わったら、ラップをかけてなじませます。
  5. 食べやすく半分に切り、お好みでソースを添えて盛り付けたら、できあがり!
生春巻きの皮は乾燥しやすいので、食べる直前までラップをかけておきましょう。中の具は、水気のあまり多くないものであれば、何でもOKです。
  • レシピNo.153

エビの奉書包み揚げ

材料(6人分)
春巻きの皮 6枚
エビ(中~大) 12尾
塩・コショウ 少々
小麦粉 適量
鶏ひき肉 150g
日本酒 大さじ1.5
卵白 1/2個分
片栗粉 大さじ1
ひとつまみ
揚げ油 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備:冷凍エビを使う場合は、解凍しておきます。尾と背の一節を残して殻をむき、背ワタを抜いておきます。
  2. 鶏ひき肉に日本酒、卵白、片栗粉、塩ひとつまみを加えて、ねばりが出るまで練ります。 
  3. エビの腹側に3~4ヶ所、斜めに浅く切り目を入れます(ウインナーに切り目を入れる感じに。曲がりにくくなります)。塩コショウで軽く下味をつけ、小麦粉をまぶします。
  4. 春巻きの皮をはがし、半分に切ります(乾くと割れやすいので、ふきんを掛けておきましょう)。
  5. 春巻きの皮の手前半分に、①の鶏ひき肉を薄く塗ります。
  6. エビにまぶした小麦粉の残りに水を加えて、のり状に溶きます。④の上に、エビを尾が出るように置いてクルクルと巻き、巻き終わりを水で溶いた小麦粉で止めます。
  7. 春巻きの皮の両脇を手で押さえてとじます。
  8. てんぷら鍋かフライパンにサラダ油を深さ2~3センチ入れ、180度に熱します(油が多すぎると春巻きが回転し上手に揚がりません)。
  9. 途中何度か裏返しながら、4~5分こんがりときつね色に揚げます。
  10. 油を切って盛り付けたら、できあがり!(よりカリッとさせたいときは2度揚げします)
塩ゆでした三つ葉の水気をきっちり絞り、揚げたエビの真ん中に結ぶとお正月らしい飾りになります。
  • レシピNo.152

サザエの炊き込みご飯

材料(8人分)
うるち米 6合
もち米 2合
サザエ(むき身) 400g
油揚げ 3枚
にんじん 2本
★塩 少々
★酒 100cc
★みりん 100cc
★しょうゆ 50cc
だし汁
  • レシピ提供 男鹿網元番屋
作り方
  1. サザエを薄くスライスし、しょうゆと砂糖(分量外)で軽く煮て、味付けしておきます。★の塩、酒、みりん、しょうゆを合わせておきます。
  2. 油揚げとにんじんをみじん切りにして、うるち米、もち米と合わせておきます。
  3. 炊飯器に②と、合わせておいた★を入れ、だし汁を7合の目盛まで加えます。スイッチを入れ、炊き上がったら、味付けをしておいたサザエを入れます。全体を蒸らしたら、できあがり!
  • レシピNo.133

たこと枝豆の炊き込みご飯

材料(4人分)
2合
ゆでだこ 150g
枝豆 適量
大さじ1
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
顆粒和風だし 小さじ2
しょうが 1/2片
青シソ 5枚
  • レシピ提供 青木育子
作り方
  1. 炊飯器に洗った米と調味料を入れ、水を通常通りの目盛りまで入れ、 みじん切りしたしょうがとたこを加えて炊く。
  2. 炊き上がったら枝豆を加えてさっくり混ぜる。 器に盛って青シソのみじん切りを散らしたら、できあがり!
  • レシピNo.115

ページの上部へ

菜花とえびの白雪あんかけ

材料(4人分)
菜花、アスパラ菜等 1束
しょうが 1片
中華スープ 1.5カップ
塩・コショウ 適量
片栗粉 適量
卵白 2個分
えび 100g
カニかまぼこ 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・卵は卵白と卵黄にわけておきます(卵黄は他の料理で使いましょう)。 しょうがはみじん切りに、カニかまぼこなどの具は食べやすくほぐしておきます。
    片栗粉は同量の水で溶いておきます(大さじ1程度足りない場合は追加します)。
  2. 鍋にたっぷり湯をわかし、菜花をゆでます。
  3. 菜花がゆであがったら、水にさらして冷まします。水気を絞って5センチ位の長さに切り、皿に広げるように盛り付けておきます。
  4. フライパンに中華スープとしょうがを加えて火にかけます。煮立ってきたら塩・コショウで味を濃い目に調え、えびを加えて加熱し、火が通ったら菜花の上に盛り付けておきます。
  5. 再度沸騰させ、水溶き片栗粉であんかけのとろみ程度にとろみをつけます。卵白をときほぐして加え、菜箸で素早くかき混ぜて白雪あんをつくり、ほぐしたカニかまぼこも加えます。
  6. 菜花とえびの上にあんをかけたら、できあがり!
菜花の他に、ゆでたほうれんそうや青菜にかけても美味しいです。 菜花は苦みがありますが、ゆでる前に半日程度水を吸わせてからゆでると、苦みが和らぎお子さんも食べやすくなりますよ。
  • レシピNo.81

ページの上部へ

あさりとキャベツのうま煮

材料(4~6人分)
キャベツ 1/3個~1/2個
あさり(殻つき) 300g
しょうが(またはにんにく)  1片
大さじ3
しょうゆ 大さじ1
少々
片栗粉 適量
万能ねぎ等 適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・キャベツは洗って一口大に手でちぎります(芯は漬物、きんぴら、スープ等に使いましょう)。あさりは、海水程度の水をひたひたに入れて、新聞紙をかぶせて冷暗所に一晩置き、砂出しして、殻と殻をこすりつけるようにしてよく洗っておきます(急ぐ時は45度~50度のお湯に10分くらいつけたあと、流水でもみ洗いします)。しょうがはみじん切りにします。万能ねぎは細かく刻みます。
  2. フライパンに酒としょうがを入れて火にかけ、香りがしてきたら、水1カップとあさりを加え、フタをして煮ます。
  3. あさりの口が開いたら皿に取り出し、フライパンにキャベツを加えてあさりの煮汁で煮込みます。
  4. キャベツに火が通ったら(柔らかさはお好みで)、しょうゆと塩で味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、あさりを戻します。
  5. 万能ねぎなどの青みを散らしたら、できあがり!
あさりを煮続けると固くなってしまうので、一度取り出すのがポイントです。キャベツの代わりに、アスパラ菜や菜花、ブロッコリーなどでも作れます。
  • レシピNo.61

ページの上部へ

おもてなしの手まり寿司

材料(4人分)
3合
だし昆布         10㎝角
(または昆布茶小さじ1)
合わせ酢・・・
酢50cc、砂糖大さじ3、塩小さじ1
いりごま 大さじ2
2個
★砂糖 小さじ2
★塩 少々
★水溶き片栗粉 小さじ1
★サラダ油 少々
サラダエビ 4尾
きゅうり           1本
☆塩少々、砂糖大さじ1、酢大さじ1
生ハム、スライスチーズ、ハーブ等
飾りのプリーツレタス、
ブロッコリー等       適量
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・米は炊く30分以上前にとぎ、少なめの水加減をして30分以上ひたし、だし昆布(または昆布茶)をいれて、固めのご飯を炊きます。きゅうりは薄切りにして、塩をふりかけてなじませておきます。
  2. 合わせ酢の材料をよく混ぜ合わせます(しっかり砂糖を溶かすこと)。
  3. 飯台または大きめのボウルなどに炊き上がったご飯を入れ、混ぜておいた酢を加えて、切るようにしながら混ぜます(しゃもじを伝わらせるようにかけると均等にかけやすいです。練らないように注意)。合わせ酢が全部吸収されたら、うちわ等であおいで、急速に冷まします(つやよく仕上げるために)。
  4. 卵に、★の砂糖・塩・水溶き片栗粉を加え、一度こします。フライパンにサラダ油を薄く敷き、薄焼き卵を2~3枚焼き、冷ましてから、5センチ幅の千切りにします。
  5. ☆の砂糖大さじ1、酢大さじ1を混ぜ合わせ、水気をきっちりしぼったきゅうりを加えます。
  6. 酢飯が冷めたらいりごまを加えて混ぜます。
  7. スライスチーズは型で抜くか、包丁で食べやすく切ります。生ハムは5センチ幅位に切ります。
  8. ラップに2種類位の具を表になるほうを下にして置きます。ピンポン玉ぐらいの酢飯を軽く握ってのせ、ラップの上から丸めるようにして握ります。
  9. ラップを外し、器に盛り付けたらできあがり!
乾燥すると美味しくなくなるので、食べるまでラップに包んでおいても良いです。クリスマスカラーで作り、リースのように盛り付けても良いですね。
  • レシピNo.50

ページの上部へ

タコ刺しのカルパッチョ・ワサビソース

材料(4~6人分)
タコ(刺身用) 適量
玉ねぎ 1/4個
ミニトマト 適量
カイワレ菜
(またはプリーツレタス等の緑の野菜)適量
練りワサビ 小さじ2
小さじ1強
サラダ油またはオリーブ油 大さじ2
大さじ3~
  • レシピ提供 渡部恵美
作り方
  1. 下準備・・・タコ(刺身用)は、冷凍庫に入れて表面を少し凍らせておきます(薄切りにしやすくなります)。緑の野菜は食べやすく切り、水気を切っておきます。
  2. タコは、包丁を寝かせるようにして薄くそぎ切りにして、皿に重ならないように並べ、軽く塩コショウをしてラップをかけて、冷蔵庫で冷やしておきます。
  3. 玉ねぎはみじん切りにして、塩を少々ふりかけてなじませてから、水にさらして辛味をぬきます。ミニトマトは4つ割りにします。緑の野菜は食べやすく切ります。
  4. ワサビソースを作ります。ボウルにワサビを入れ、塩を加え、油を加えてよく混ぜます。 酢を加えてさらに混ぜます。味を見て足りない場合は、塩を加えて味を調えます(普通のドレッシングより、塩加減を強く作ります)。
  5. タコの上に玉ねぎとミニトマトを散らし、緑の野菜も散らし、③で作ったワサビソースを彩りよくかけたら、できあがり!
タコのほか、鯛やひらめ、ホタテ貝などが作りやすいです。サーモンやマグロで作る場合は、魚を並べる前の皿に、にんにくをこすりつけておくと香りが移って臭み消しになります。
  • レシピNo.41

ページの上部へ