「野菜とくだもの塾」第9回目が開催されました

12月19日、管理棟2階多目的室「フレッシュ交流館」にて、「野菜とくだもの塾」第9回目が開催されました。

「市場発 野菜とくだもの塾」は、青果部・卸売業者「丸果秋田県青果(株)」が主催する料理講習会です。毎月1回、旬の野菜や果物をテーマに、クッキングなどを行っています。

12月中旬の開催となった今回は、新年に向けての特別企画として、「野菜でおせち」をテーマにお正月向けのレシピを紹介。

秋から冬にかけて栄養を溜め込んだ根菜類を中心に、旬の食材を使ったさまざまなアイディア料理に取り組みました。

八幡巻き
八幡巻き

調理したのは、ごぼうとにんじんを牛肉で巻いた「八幡巻き」「レンコンの甘酢炒め」など。

また、薄切りにした大根とカニかまをお酢で和えた「紅白サラダ」は、彩りもよくおせちにぴったり。アクセントに柚子の皮を加えることで、爽やかな風味に仕上がります。

アボガドの薬味のちらし寿司
アボガドの薬味のちらし寿司

大葉や万能ねぎ、生姜などの薬味を酢飯に混ぜた「アボガドと薬味のちらし寿司」は、とんぶりとアボガドの食感がポイント。優しい味で食べやすく、食欲がない時にもおすすめです。

フルーツきんとん
フルーツきんとん

お正月の定番のきんとんは、カットしたりんごやキウイ、パイナップルを混ぜて「フルーツきんとん」に。

お正月気分満載です
お正月気分満載です

そのほかにも、鶏ひき肉を使った「熨斗鶏(のしどり)」や、縁起物である矢羽根を描いた「矢羽根寒天」などが用意され、テーブルの上を華やかに彩ります。

完成したそれぞれの料理は、盛り付けを工夫しておせちらしく仕上げ、参加者らは一足先にお正月気分を味わいました。