第2回「旬の魚菜料理教室」が開催されました

12月12日、管理棟2階多目的室「フレッシュ交流館」にて、第2回「市場発・旬の魚菜(さかな)料理教室」が開催されました。

この料理教室は、生鮮食料品を調理する機会を増やすために企画された取り組みです。講師には料理研究家の渡部恵美先生を招き、市場ならではの旬の食材を使った料理を紹介します。

今回は先月開催の第1回目と同じ17名の秋田市民のかたが参加し、旬のハタハタを中心に、「ハタハタとブロッコリーのスパゲッティ」「ハタハタと冬野菜のホイル焼き」「白菜のピリ辛サラダ」の3品に挑戦しました。

前回に引き続き同じメンバーということで、参加者らは打ち解けた雰囲気で料理を開始。

ハタハタの下処理や野菜の下ごしらえなどを分担して、手際よく調理を進めました。

ハタハタとブロッコリーのスパゲッティ
ハタハタとブロッコリーのスパゲッティ

今回のメニューでは、ハタハタをオリーブオイル、にんにく、しょっつると絡めて、スパゲッティに使用するアイディアが好評でした。

また、白菜のサラダを作るときは、芯の部分を薄切りに、葉の部分を千切りにすることで、食感の違いを出すのがポイントとのこと。(各メニューのレシピはこちらから

完成した料理を試食した参加者からは、「自宅でも作ってみたい」という感想が聞かれました。

この「旬の魚菜料理教室」は来年2月にも開催される予定です。参加者の募集など詳細は後日お知らせいたしますので、興味のあるかたはぜひご参加ください。

※写真をクリックすると拡大します。