「野菜とくだもの塾」第2回目が開催されました

5月16日、管理棟2階多目的室にて、「市場発 野菜とくだもの塾」第2回目の講座が行われました。

「市場発 野菜とくだもの塾」は、青果部・卸売業者「丸果秋田県青果(株)」が主催する料理講習会で、今年4月から始まりました。毎月1回、旬の野菜や果物を用いたクッキングなどを行っており、今回の講座では前回に引き続き、25名の方が参加しました。

「野菜とくだもの塾」第2回目のテーマは、「アスパラガスを学ぶ」

始めに、丸果秋田県青果(株)・野菜部の高橋副部長より、秋田県産アスパラガスの今年の入荷量の状況や、鮮度を保つ工夫などについて話がありました。

続いて、丸果秋田県青果(株)「元気な産地づくりプロジェクトチーム」の田口さんが、露地栽培や促成栽培など、作型によるアスパラガスのうまみ成分や甘みの違いなどを詳しく説明しました。

クッキングコーナーでは、丸果秋田県青果(株)「元気な産地づくりプロジェクトチーム」の青木さんが講師を務め、「アスパラガスとキムチの春巻き風」、「旬の野菜のポン酢ジュレ」、「アスパラガスのパウンドケーキ」の3品の料理に挑戦しました。レシピはこちら

また、講座終了後には午後1時から行われている朝採り午後販売の見学も行われ、今回も盛りだくさんの内容となりました。

料理講習会へのお問い合わせは丸果秋田県青果(株)TEL869-5523まで。(「野菜とくだもの塾」のお知らせはこちらのページをご覧ください。)

※写真をクリックすると拡大します。

ひとくちコラム

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは同じ品種。育て方の違いによって、色に違いが出ます。日光に当てないようにして育てると、ホワイトアスパラガスになります。

新鮮なアスパラガスの見分け方は・・・

  • 茎・・・太めでまっすぐ
  • 穂先・・・締まっている
  • 重さ・・・重みがある
  • ハカマ・・・正三角形

冷蔵庫の野菜室に、立てて保存するのがポイントです。