平成25年度 秋田市卸売市場まつりが開催されました

10月20日(日)、秋田市公設地方卸売市場・秋田市中央卸売市場にて、第23回秋田市卸売市場まつりが開催されました。

当日はあいにくの雨模様にもかかわらず、約2万7,000人の方が市場を訪れ、普段入ることの出来ない卸売市場での買い物やイベントを楽しみました。

当日の様子を写真とともにご紹介します!

※写真をクリックすると拡大します。

開会式

午前8時45分から行われた開会式では、市場まつり実行委員長の水沢 斡氏が開会宣言をし、第23回目となる秋田市卸売市場まつりがスタートしました。

続いて市場まつり実行委員会会長の石黒 功一氏によるあいさつの後、ご来賓を代表して穂積 志秋田市長からもごあいさつをいただきました。

特別販売

午前9時から、青果部・水産物部・花き部の仲卸業者による特別販売がスタートしました。

市場まつりでの特別販売は、新鮮な品物が通常の小売価格より安い値段で買えるのが大きな魅力です。今年も大勢の人で賑わいました。

青果部・特別販売

青果部では、野菜はもちろん、梨やりんご、ぶどう、柿、栗、さつまいもなど、果物を中心に秋の味覚が勢揃い。特に梨は種類が豊富で、「あきづき」や「かほり」を始め、昨年から販売がスタートした秋田県オリジナルの日本なし「秋泉」(しゅうせん)などが売り出されていました。

水産物部・特別販売

水産物部では、紅鮭、まぐろ、たらばがに、筋子、たらこ、しじみなど、鮮魚から貝類、海草類まで、さまざまな海産物が販売されました。

卸売市場ならではの新鮮さとお買い得な価格で人気を集め、正午過ぎにはほぼ完売となるほどの売れ行きでした。

花き部・特別販売

花き部では、菊、ガーベラ、アザレアなどの切り花や鉢植えを始め、ミニサボテンやミニ盆栽など、観葉植物も多く売られていました。これから季節を迎えるシクラメンやポインセチアは棚一面に陳列され、訪れた買い物客は、色とりどりの花をじっくりと見て回っていました。

まぐろの解体実演

水産棟では、まぐろの解体実演が行われました。

この日用意されたのは、宮城県産黄肌まぐろや、愛媛県産、長崎県産の本まぐろなど。

仲卸業者らが豪快に包丁を入れ、鮮やかな手さばきで解体していくと、迫力のある光景に多くの人が足を止め見入っていました。

解体されたまぐろや、青森県大間産のまぐろはその場で即売が行われ、集まった人々が次々に買い求めていました。

市民参加のせり

青果部、水産物部、花き部の卸売業者が行う「せり」に参加して品物を買うことが出来るこのイベントは、大人から子供まで大人気!

せり人が威勢良く声を上げ、参加者は手を使って値段を示しながら、番号札を高く掲げてアピール。

多くの人が参加するため、時には思いがけない値段が飛び出したり、通常の卸売価格より安い値段でせり落とす参加者も現れたりと、大いに盛り上がりました。

青果部のせり

青果部では、白菜、キャベツ、さつまいも、マイタケなどを始め、ブロッコリー、パプリカ、きゅうり、トマト、レタスのセット商品や、バナナ、柿、りんご、みかんなどが用意されました。

水産物部のせり

水産物部では、北海道産のブリや鮭、秋田県産ハタハタやタラ、あわび、カニ、さざえ、まぐろのたたきなどがせりにかけられました。中には、きんきん、うに、ハタハタ、金目鯛などを詰め合わせた高級セットも用意され、たくさんの参加者がせり落としに挑戦しました。

花き部のせり

花き部では、切り花や鉢植え、観葉植物のせりが行われました。菊、アンスリューム、カラー、ドラセナや、贈り物の定番として知られる胡蝶蘭も多くせりにかけられ、通常の胡蝶蘭よりサイズが小さいミニ胡蝶蘭もありました。

プレゼントコーナー

秋印秋田中央青果(株)のプレゼントコーナーには、マイタケ、ぶなしめじなどのキノコ類、大葉、もやし、かいわれ、お米など用意され、まつりの開始前から長蛇の列が出来ていました。

ゲームコーナー

丸果秋田県青果(株)のゲームコーナーでは、輪投げとガラポンが行われました。輪投げは家族連れを中心に人気を集め、商品めがけて多くの人が挑戦しました。

ライブ演奏 秋田オカリーナアンサンブル

青果棟卸売場では、「秋田オカリーナアンサンブル」によるライブ演奏が行われました。「小さい秋みつけた」や「君をのせて」、「カントリーロード」など誰もが知っているおなじみの曲が披露され、オカリナとギターの優しく柔らかい音色に多くの人が聞き入っていました。

出店コーナー

青果棟卸売場では、秋田市産のマコモダケの試食や大館市比内産のとんぶりなど、JA全農あきたによる特産品の販売や、秋田県立大学の学生達によるねぎ、ガーベラ、りんごの販売などが行われました。

当日は雨で肌寒かったこともあり、「紅こがね」と「紅まさり」という2品種の焼き芋や、温かい納豆汁のコーナーが人気でした。

管理棟では市場内の関連事業者による販売が行われ、通路が人であふれるほど盛況となりました。

また、水産棟軒下では玉こんにゃくやえご、花輪のホルモン煮込みや、当市場の食堂「かわせみ」名物の海鮮丼などが販売され、お昼時にはたくさんの人で賑わっていました。

当日はたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました!