竿燈演技会が行われました

8月5日、管理棟正面入口にて、北都銀行および秋田銀行竿燈会による演技会が行われました。

「竿燈まつり」は秋田県を代表する夏祭りのひとつ。毎年祭りの時期に合わせて、北都銀行および秋田銀行竿燈会の皆さんが市場を訪れ、演技会が行われています。

会場には場内業者らが集まり、勇壮な竿燈の演技を観覧しました。当日は風が強く、竿燈を安定させるには難しい状況でしたが、差し手達は次々に手のひら、額、肩、腰など身体の一部分で巨大な竿燈を支え、迫力のある演技を披露しました。

竿燈まつりは8月3日から6日まで開催され、秋田市のエリアなかいちで開催される竿燈妙技会(昼竿燈)の後、秋田市竿燈大通りで行われる夜竿燈で本番を迎えます。