平成24年度第2回年末商品展示会が開催されました

10月27日、水産棟卸売場にて、丸水秋田中央水産(株)主催による水産物の年末商品展示会が行われました。

平成24年度の水産物年末商品展示会は今回が第2回目で、(株)秋田丸魚主催の第1回展示会は10月6日に開催されました。

水産物の加工業者やメーカーのブースには、鮮魚や加工品など、お歳暮やお正月用の商品が並べられ、担当者は自社の商品をPR。訪れた場内業者や小売店、流通業者が試食をし、その場で販売も行われました。

ブースには、紅鮭、ほっけ、はたはた、エビ、きんきんなどのほか、数の子やかまぼこ、伊達巻きなどお正月の定番商品、他にはおせち用の華やかな商品も登場。年末商戦を見据えた展示会は盛り上がりを見せていました。


展示会ではたくさんの商品が登場しました。その一部をご紹介します。


数の子やかまぼこなど、お正月の定番商品が並びます。


紅鮭の切り身や刺身が並ぶブース。色鮮やかで食欲をそそります。


迫力の本まぐろ。展示横ではまぐろのステーキが調理されていました。


伊達巻きを始め、お正月のおせち用の商品も登場しました。

お正月らしい紅白の笹かまぼこや、変わったものでは、ずんだを練り込んで団子風にしたかまぼこや、焼き鳥のたれ味なども。