市場の一日

生鮮品が卸売市場に運ばれてからの流れを見てみましょう。

1入荷
前日の夕方から当日の早朝にかけて、全国各地から多種多様な品物が続々と搬入され、その入荷品は、卸売業者の卸売場に品目別、等級別に配列されます。
青果棟 卸売場
2下見
入荷品の買受人である仲卸業者及び売買参加者は、「せり」に先立ち、その日の入荷状況や品物の鮮度・品質を調べ値段の見積もりをします。
水産棟 卸売場
3せり
せり売は、買い手である仲卸業者や売買参加者が値段をつけあい、申込価格の最高値が価格となり、ここで初めて品物の値段(卸売価格)が決まります。
せりの様子
4仲卸業者の販売
仲卸業者によってせり落とされた品物は、ただちに仲卸店舗に運ばれ、仕分け、陳列され、買出人や売買参加者に販売されます。なお、販売された品物は、午前中に市場外に運ばれます。
仲卸売場の様子
「市場の一日」を動画で見る

秋田市卸売市場のしくみや役割について紹介する動画です。

※クリックすると再生を開始します。